タスクと状態エディタのアクション


Architectタスクエディタには、タスクを構成する一連のアクションを作成するのに役立ついくつかのツールがあります。これらのタスクアクションは、アーキテクトツールボックスから利用できます。アクションごとに固有のアイコンが表示されるので、ツールボックス、タスクエディタ、およびデザイン領域で簡単に識別できます。ThArchitectツールボックスのアクションは、PureCloudライセンスプランによって異なります。タスクエディタとツールボックスの詳細については、「推奨コンテンツ」を参照してください。

フロー内のアクションの最大数

Architectがフロー呼び出しごとに実行するアクションの最大数は10,000です。システムがその数を超えると、フローはエラー処理に入ります。 デフォルトエラー処理は切断です; ただし、フロー作成者は、次のような代替アクションを構成できます。 ACDへの転送, メニューへジャンプ、 または 再利用可能なタスクにジャンプ.

メニューまたは再利用可能なタスクにジャンプすることを選択した場合、 Architect自動的にアクションをさらに1,000アクション増やします。このプロセスにより、エラー処理の代替パスを構成できます。追加の最大値を超えると、 Architectはサイレント切断を実行します。

Architectは、これらのそれぞれを10,000の制限にカウントされるアクションと見なします。

  • メニューに入るたびに
  • 各メニューアクション
  • 各タスクアクション
注意:メニューとは異なり、 タスク入力は実行可能なアクションとしてカウントされません

アクションを折りたたむか展開する

タスクまたは状態エディタ内、およびタスクまたは状態プレビューモードでは、アクションを折りたたむか展開することができます。この機能は、タスクや状態をナビゲートしにくくする可能性がある長いロジックを隠したい場合に役立ちます。


  • アクションまたは出力で、をクリックします。 もっと 表示されるメニューから、をクリックします。 崩壊
    Architectは、タスクの一部として崩壊したアクションの数を示します。また、折りたたまれたアクションがタスク、状態、またはフローを終了したかどうか、およびアクションにエラーがあるかどうかも示します。
  • アクションを展開するには、非表示のアクションメッセージをクリックします。またはをクリックして もっと 表示されるメニューから、をクリックします。 展開する

アクション全体ではなく、出力を縮小することもできます。たとえば、切り替えアクションの下に大量のロジックがある場合は、切り替えアクションに関連する他のケースを設定または表示しながら、ケース設定を折りたたむことができます。

さらに、折りたたまれたアクションに関連する検証エラーをクリックすると、Architectはエラーを含むアクションを展開します。


タスクエディタの操作に慣れるために、次のページを確認してください。


アイコン カテゴリ アクション 説明
オーディオの再生(A) 音声を再生する 発信者にプロンプトを追加します。
ウィスパー音声の設定 発信者がどのキューを選択したかをエージェントに知らせます。
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
BridgeActionを呼び出す 連絡先に関する特定の属性を Bridge サーバー データベース。
Lex ボットの呼び出し 顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。
データ入力 数字列を入力するよう発信者に促します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
UUI データの設定 転送アクションと切断アクションでUUIデータを渡します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
内線番号でダイアル 内線番号でダイアル 発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供します。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー コールバックを作成 エージェントがカスタマーに電話をかけてキュー内待機時間を短縮するか、後でカスタマーに情報を提供するためのオプションを提供します。
参加者レコーディングを有効にする このアクションを使用して、PureCloudが着信通話を録音することを許可するオプションを発信者に提供します。
フロー結果の初期化 Architectがフロー内で追跡を開始するフロー結果を選択します。
フロー結果の設定 インタラクションがフローの特定のポイントに到達したときに、システムが成功または失敗として追跡する潜在的な結果を定義します。
言語の設定 呼び出し元のプロンプトを聞く目的の言語を選択できます。
スクリーンポップの設定  事前定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが選択した内容を格納する入力変数を設定します。
ラップアップ コードを設定 エージェントに希望のものを選択させる まとめコード どの通話に割り当てるか。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケース評価に対して簡単に設定できます。切り替えアクションを構成して、Architectの動作、タイミング、および状況を指定します。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 Loopアクション内でExit Loopアクションを使用して、現在のループの繰り返しを終了し、ループアクションを終了して、次のアクションに移動してフローの実行を継続します。
メニュー メニューにジャンプ 発信者に直ちに指定されたメニューに転送するオプションを与えます。
[前へ] メニュー 発信者に前のメニューに転送するオプションを与えます。
再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能タスク領域で以前に構成した完全なタスクを挿入します。
転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
ユーザーに転送 発信者をPureCloudユーザーに直接転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
グループに転送 発信者をPureCloudグループに直接転送します。
フローに転送 発信者を別のコールフローに転送します。
セキュアなフローに転送 安全な通話フローに発信者を転送します。
ボイスメールに転送 ツールボックスから[ボイスメールに転送]アクションを使用して、発信者をPureCloudユーザーのボイスメールに転送します。


アイコン カテゴリ アクション 説明
オーディオの再生(A) 音声を再生する 発信者にプロンプトを追加します。
ウィスパー音声の設定 発信者がどのキューを選択したかをエージェントに知らせます。
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
Bridge アクションの呼び出し 連絡先に関する特定の属性を Bridge サーバー データベース。
Lex ボットの呼び出し 顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。
データ入力 数字列を入力するよう発信者に促します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
UUI データの設定 転送アクションと切断アクションでUUIデータを渡します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
内線番号でダイアル 内線番号でダイアル 発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供します。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー コールバックを作成 エージェントがカスタマーに電話をかけてキュー内待機時間を短縮するか、後でカスタマーに情報を提供するためのオプションを提供します。
参加者レコーディングを有効にする このアクションを使用して、PureCloudが着信通話を録音することを許可するオプションを発信者に提供します。
フロー結果の初期化 Architectがフロー内で追跡を開始するフロー結果を選択します。
フロー結果の設定 インタラクションがフローの特定のポイントに到達したときに、システムが成功または失敗として追跡する潜在的な結果を定義します。
言語の設定 呼び出し元のプロンプトを聞く目的の言語を選択できます。
スクリーンポップの設定  事前定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが選択した内容を格納する入力変数を設定します。
ラップアップ コードを設定 エージェントに希望のものを選択させる まとめコード どの通話に割り当てるか。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケース評価に対して簡単に設定できます。切り替えアクションを構成して、Architectの動作、タイミング、および状況を指定します。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 Loopアクション内でExit Loopアクションを使用して、現在のループの繰り返しを終了し、ループアクションを終了して、次のアクションに移動してフローの実行を継続します。
メニュー メニューにジャンプ 発信者に直ちに指定されたメニューに転送するオプションを与えます。
[前へ] メニュー 発信者に前のメニューに転送するオプションを与えます。
再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能タスク領域で以前に構成した完全なタスクを挿入します。
転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
ユーザーに転送 発信者をPureCloudユーザーに直接転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
グループに転送 発信者をPureCloudグループに直接転送します。
フローに転送 発信者を別のコールフローに転送します。
セキュアなフローに転送 安全な通話フローに発信者を転送します。
ボイスメールに転送 ツールボックスから[ボイスメールに転送]アクションを使用して、発信者をPureCloudユーザーのボイスメールに転送します。


アイコン カテゴリ アクション 説明
オーディオの再生(A) 音声を再生する 発信者にプロンプトを追加します。
キュー内のプレイポジション 発信者に自分のキュー内の場所を通知します。
推定待ち時間を再生する 履歴データに基づいて待機時間に関する知識のある推定を行い、待機時間を呼び出し元に戻します。
ウィスパー音声の設定 発信者がどのキューを選択したかをエージェントに知らせます。
データ データ呼び出しアクション PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
Bridge アクションの呼び出し 連絡先に関する特定の属性を Bridge サーバー データベース。
Lex ボットの呼び出し 顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。
データ入力 数字列を入力するよう発信者に促します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
UUI データの設定 転送アクションと切断アクションでUUIデータを渡します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
内線番号でダイアル 内線番号でダイアル 発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供します。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー コールバックを作成 エージェントがカスタマーに電話をかけてキュー内待機時間を短縮するか、後でカスタマーに情報を提供するためのオプションを提供します。
参加者レコーディングを有効にする このアクションを使用して、PureCloudが着信通話を録音することを許可するオプションを発信者に提供します。
スクリーンポップの設定  事前定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが選択した内容を格納する入力変数を設定します。
言語の設定 呼び出し元のプロンプトを聞く目的の言語を選択できます。
保留音 保留音 このアクションを使用して、発信者がキューで待機している間の音声の動作を設定します。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケース評価に対して簡単に設定できます。切り替えアクションを構成して、Architectの動作、タイミング、および状況を指定します。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 Loopアクション内でExit Loopアクションを使用して、現在のループの繰り返しを終了し、ループアクションを終了して、次のアクションに移動してフローの実行を継続します。

転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
ユーザーに転送 発信者をPureCloudユーザーに直接転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
グループに転送 発信者をPureCloudグループに直接転送します。
フローに転送 発信者を別のコールフローに転送します。
セキュアなフローに転送 安全な通話フローに発信者を転送します。
ボイスメールに転送 ツールボックスから[ボイスメールに転送]アクションを使用して、発信者をPureCloudユーザーのボイスメールに転送します。

アイコン カテゴリ アクション 説明
オーディオの再生(A) 音声を再生する 発信者にプロンプトを追加します。
ウィスパー音声の設定 発信者がどのキューを選択したかをエージェントに知らせます。
データ データ呼び出しアクション PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
Bridge アクションの呼び出し 連絡先に関する特定の属性を Bridge サーバーデータベース。
安全なデータを呼び出す データアクションデータベースから特定の属性を呼び出します。
データ入力 数字列を入力するよう発信者に促します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
セキュアなデータを抽出 安全なデータを同じタイプの安全ではない変数にコピーします。
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
UUI データの設定 転送アクションと切断アクションでUUIデータを渡します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
内線番号でダイアル 内線番号でダイアル 発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供します。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー コールバックを作成 エージェントがカスタマーに電話をかけてキュー内待機時間を短縮するか、後でカスタマーに情報を提供するためのオプションを提供します。
フロー結果の初期化 Architectがフロー内で追跡を開始するフロー結果を選択します。
フロー結果の設定 インタラクションがフローの特定のポイントに到達したときに、システムが成功または失敗として追跡する潜在的な結果を定義します。
スクリーンポップの設定  事前定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが選択した内容を格納する入力変数を設定します。
言語の設定 呼び出し元のプロンプトを聞く目的の言語を選択できます。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケース評価に対して簡単に設定できます。切り替えアクションを構成して、Architectの動作、タイミング、および状況を指定します。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。

次のループ

ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 Loopアクション内でExit Loopアクションを使用して、現在のループの繰り返しを終了し、ループアクションを終了して、次のアクションに移動してフローの実行を継続します。
メニュー メニューにジャンプ 発信者に直ちに指定されたメニューに転送するオプションを与えます。
[前へ] メニュー 発信者に前のメニューに転送するオプションを与えます。
エージェントに戻る エージェントに戻る

フロー設計に応じて、セキュアフローの最後にこのアクションを追加すると、次のことが可能になります。

  • 呼び出し元を返すと、最初のフローに戻り、エージェントと再接続できます。
  • フローインスタンスが現在の通話以外の唯一の参加者である場合は、通話を切断します。
再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能タスク領域で以前に構成した完全なタスクを挿入します。
転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
ユーザーに転送 発信者をPureCloudユーザーに直接転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
グループに転送 発信者をPureCloudグループに直接転送します。
フローに転送 発信者を別のコールフローに転送します。
セキュアなフローに転送 安全な通話フローに発信者を転送します。
ボイスメールに転送 ツールボックスから[ボイスメールに転送]アクションを使用して、発信者をPureCloudユーザーのボイスメールに転送します。

アイコン カテゴリ アクション 説明
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
応答の取得 で使用する 自動返信アクションを送信 自動返信を顧客に送信する
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供する
自動応答の送信 自動応答の送信 S受信電子メールインタラクションの属性に基づいて、顧客への電子メール返信を終了します。
外部の連絡先 外部連絡先を取得 R既存の外部連絡先に関する情報を検索します。
外部組織を取得 特定の組織を検索するには外部組織の取得アクションを、特定の個人を見つけるには外部連絡先の取得アクションを使用します。
外部連絡先を検索 F検索語句に基づく1つ以上の外部連絡先。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザーを探す 検索PureCloud ユーザー IVRでの電子メールアドレスに基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー 言語の設定 発信者がプロンプトを聞いたり表示したりする目的の言語を選択できるようにします。
スクリーンポップの設定 事前定義スクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが行った選択を格納する入力変数を構成します。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スイッチ このアクションは判断アクションに類似し、複数のケースを評価するときに簡単に設定できます。いつ、どの状況下でArchitectによって行われるべきかを指定するように切り替えアクションを構成します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 現在のループ反復を終了し、ループアクションを終了し、次のアクションに移動してフローの実行を継続するには、Loopアクション内でExit Loopアクションを使用します。
状態を変更 状態を変更 介入する手順なしで、プロセスを別の状態の先頭に直接ジャンプします。
タスクの呼び出し タスクの呼び出し このアクションを使用して他のタスクを呼び出します。呼び出されたタスクが完了すると、構成された出力パスによってフロー実行の継続方法が決まります。
転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
待機 待機 電子メール処理を一定期間または指定した時間まで一時停止します。

 


アイコン カテゴリ アクション 説明
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
Lex ボットの呼び出し 顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
応答の取得 で使用する 自動返信アクションを送信 自動返信を顧客に送信する
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供する
外部の連絡先 外部連絡先を取得 R既存の外部連絡先に関する情報を検索します。
外部組織を取得 特定の組織を検索するには外部組織の取得アクションを、特定の個人を見つけるには外部連絡先の取得アクションを使用します。
外部連絡先を検索 F検索語句に基づく1つ以上の外部連絡先。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザーを探す 検索PureCloud ユーザー IVRでの電子メールアドレスに基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー 言語の設定 発信者がプロンプトを聞いたり表示したりする目的の言語を選択できるようにします。
スクリーンポップの設定 事前定義スクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが行った選択を格納する入力変数を構成します。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スイッチ このアクションは判断アクションに類似し、複数のケースを評価するときに簡単に設定できます。いつ、どの状況下でArchitectによって行われるべきかを指定するように切り替えアクションを構成します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 現在のループ反復を終了し、ループアクションを終了し、次のアクションに移動してフローの実行を継続するには、Loopアクション内でExit Loopアクションを使用します。
応答の送信 応答の送信 メッセージを構成し、受信者に返します。
状態を変更 状態を変更 介入する手順なしで、プロセスを別の状態の先頭に直接ジャンプします。
タスクの呼び出し タスクの呼び出し このアクションを使用して他のタスクを呼び出します。呼び出されたタスクが完了すると、構成された出力パスによってフロー実行の継続方法が決まります。
ACD に転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
待機 待機 電子メール処理を一定期間または指定した時間まで一時停止します。

アイコン カテゴリ アクション 説明
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
応答の取得 で使用する 自動返信アクションを送信 自動返信をカスタマーに送信します。このアクションにより、調査に特定の詳細を追加することによって調査招待をパーソナライズすることができます。たとえば、連絡日、カスタマー名、エージェント名、通信タイプ、調査URLなどです。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
外部の連絡先 外部連絡先を取得 R既存の外部連絡先に関する情報を検索します。
外部組織を取得 特定の組織を検索するには外部組織の取得アクションを、特定の個人を見つけるには外部連絡先の取得アクションを使用します。
外部連絡先を検索 F検索語句に基づく1つ以上の外部連絡先。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
ユーザーを探す 検索PureCloud ユーザー IVRでの電子メールアドレスに基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケースを評価するタイミングを設定するのは簡単です。切り替えアクションを構成して、アーキテクトの動作、実行時期、および状況を指定します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、プロセスに一連のアクションを繰り返すよう指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 現在のループを終了および終了し、次のアクションに移動してフローの実行を継続するには、このアクションをLoopアクションの内側で使用します。
状態を変更 状態を変更 介入する手順なしで、プロセスを別の状態の先頭に直接ジャンプします。
アンケートフォームへの招待 アンケートフォームについて 連絡先がアンケートフォームをオプトアウトすることを選択しているかどうかを判断し、選択している場合は、ポリシーが連絡先と一致していても会話を終了します。
アンケートフォームに記入する エージェントまたは担当者とのやり取りが完了したら、外部の連絡先にアンケートフォームを依頼するようカスタマイズしたEメールを設定します。
タスクの呼び出し タスクの呼び出し 別のタスクを呼び出してください。呼び出されたタスクが完了すると、構成された出力パスによってフロー実行の継続方法が決まります。
待機 待機 調査招待プロセスを一定期間または指定した時間まで一時停止します。

 

アイコン カテゴリ アクション 説明
データ データ アクションの呼び出し PureCloudのデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から顧客に関する情報を取得します。
Lex ボットの呼び出し 顧客をエージェントにルーティングする前またはルーティングする代わりに、フロー内でセルフサービスアプリケーションを実行します。
データ テーブル検索 PureCloudデータテーブルに格納されているデータを取得します。
応答の取得 で使用 自動返信アクションを送信 顧客に自動返信を送信します。
参加者データの取得 通話参加者から取得する属性を設定します。
参加者のデータを設定 通話参加者に属性値を設定します。
データの更新 フローまたはタスクレベルの変数に値を割り当てます。
切断 切断 呼び出しをすぐに終了することにより、発信者にメニューシステムを終了する優雅な方法を提供します。
外部の連絡先 外部連絡先を取得 R既存の外部連絡先に関する情報を検索します。
外部組織を取得 特定の組織を検索するには外部組織の取得アクションを、特定の個人を見つけるには外部連絡先の取得アクションを使用します。
外部連絡先を検索 F検索語句に基づく1つ以上の外部連絡先。
検索 キューを検索 IVR ランタイムで、文字列名に基づいてキューを見つけます。このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザーを探す 検索PureCloud ユーザー IVRでの電子メールアドレスに基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考ユーザー動的にし、それは見つけるユーザー IVRでの文字列名に基づいて、 ランタイム 。
IDでユーザーを検索 参考PureCloudユーザー動的にし、それらをIVRでの文字列に基づいて見つけるランタイム 。
フロー 言語の設定 発信者がプロンプトを聞くための適切な言語を選択できるようにします。
スクリーンポップの設定  事前定義済みのスクリプトを選択し、必要に応じて、実行時にユーザーが選択した内容を格納する入力変数を設定します。
論理 判定 条件が真であるかどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スイッチ このアクションは決定アクションに似ており、複数のケースを評価するタイミングを設定するのは簡単です。切り替えアクションを構成して、アーキテクトの動作、実行時期、および状況を指定します。
スケジュールの評価 このアクションを使用 とともに スケジュールを評価する Groupアクションと以前に定義されたスケジュールに基づいてルーティング決定を行い、 スケジュールのグループ。
スケジュール グループの評価 このアクションを使用 とともに スケジュールを評価する アクションと以前に定義されたスケジュールに基づいてルーティング決定を行い、 スケジュールのグループ。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、プロセスに一連のアクションを繰り返すよう指示します。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 このアクションをループアクション内で使用し、現在のループを終了して終了し、次のアクションに移動してフローの実行を継続します。
応答の送信 応答の送信 メッセージを構成し、受信者に返します。
状態を変更 状態を変更 介入するステップなしで、プロセスを別の状態の先頭に直接ジャンプします。
タスクの呼び出し タスクの呼び出し 別のタスクを呼び出してください。呼び出されたタスクが完了すると、構成された出力パスによってフロー実行の継続方法が決まります。
ACD に転送 ACD に転送 メッセージをキューイングシステムに転送します。
待機 待機 メッセージ処理を一定期間または指定した時間まで一時停止します。