タスク アクション

タスク アクションを使用し複雑な IVR オプションを構築します。 タスク アクション グループ関連フロー ルーチンを作成するためにプロセスの手順を実行します。 プロセスは、関連するタスク、それらのタスクの順序、およびそれらの間に存在するアクションで構成されています。 タスクを状態(電子メールおよびメッセージフロー)およびメニュー(コールフロー)に配置します。 

メニュー選択は DTMF および音声認識などの共通設定を含みます。 同じフロー内でタスクを再利用できます。

アクション    説明
名前フィールド

アクションの識別名を入力してください。 ここに入力するラベルはフロー構造に表示されるアクションの名前になります。

タスク編集ボタン

タスクエディタを開きます。ここで、タスク内で実行するアクションのグループを構築できます。

出力パス

(受信メールとメッセージフローのみ)

このボタンをクリックすると、[出力パス]ダイアログボックスが開き、この電子メールまたはメッセージタスクでの出力の名前、説明、および使用方法の情報を表示および管理できます。