タスクを使う


一般に、Architectは、設計で指定された順序で、呼び出し側の介入をほとんど行わずにフローを処理します。ただし、長い流れを構築するブロックとして実行されるアクションはプロセスを視覚的に分析が難しく、デザインの中で混雑になります。この問題を回避するため、タスク アクションの下の複雑なプロセスの関連ステップをグループ化することができます。

注意:タスク アクション グループ関連フロー ルーチンを作成するためにプロセスの手順を実行します。

タスクアクションはアクションを実行しません - それは連続したアクションのグループのためのコンテナです。タスクの一般的な例は、発信者にアカウント番号の入力を促して、データベース内で値を検索するなどです。このプロセスにはいくつかの手順が必要です。ユーザーデータ入力、データベースクエリ、メニュー選択など。タスクアクション内でプロセスをまとめてグループ化すると、ソート順に関係なく、プロセスに対するすべてのアクションがまとめられたままになるため、フローの検査が容易になります。

タスクには、ほとんどの場合、特定のタスクを順番に実行するように設計された一連のアクションが含まれています。たとえば、次のことができます。

  • 口座番号の入力を求めるプロンプトを追加する
  • 口座番号の収集入力を追加する
  • 単純なアカウント番号検証を構成する
  • 高度な口座番号検証を行うため、または顧客データから口座残高を取得するためのアクションを追加します。
  • アカウント残高の音声を再生するアクションをユーザーに追加する
  • 保留音楽またはプロンプトを設定する
  • タスクシーケンスを終了するには、フローに次に進む場所を指示するアクションを使用します。たとえば、他のメニューへ転送など。

タスクエディタでタスクを構築する

タスクエディタは、デザインフォームのアクションを配置して接続し、タスクシーケンスを構成するものです。複雑なIVR操作を作成するためのアクションカテゴリとオプションのパレットを提供します。 タスクエディタでは、アクションを追加、編集、削除できます。Architect ツールボックスからアクションのカテゴリをタスク エディターにドラッグするときに、タスク エディターの右側にアクションの構成オプションが表示されます。ドロップダウン リストからアクションのタイプを選択し、アクションの設定を行います。

フロー内でタスクを再利用する

タスクアクションカテゴリを[再利用可能なタスク]領域にドラッグしてタスクシーケンスを作成し、それをフロー内の複数の場所で使用できます。再利用タスクを、起動時のタスクとして設定することもできます。