タスクと状態エディタの概要


Architectタスクエディタおよびステートエディタは、フロー作成者がアクションを配置および接続してシーケンスを構成する設計領域です。これらのエディタは、複雑なIVR操作を作成するためのアクションカテゴリとオプションのパレットを提供します。ここで、アクションを追加、編集、削除できます。フローのメインページからタスクシーケンスをプレビューすることもできます。

シーケンスを作成するときに、ツールボックスを使用して追加したいアクションカテゴリを選択します。ツールボックスからエディタにアクションカテゴリをドラッグすると、そのアクションの設定オプションがエディタの右側に表示されます。

エディタ内のほとんどのアクションタイプは、選択内容に応じて他のアクションに分岐し、マージして最終的にシーケンスを完成させます。いくつかのアクションには出力があり、それに従うパスは実行時に決定されます。タスクまたは状態には終了アクションが必要です。たとえば、シーケンスを終了するためのSuccess in a DecisionアクションやDisconnectアクションなどです。

タスクエディタとステートエディタの追加機能については、次のセクションを参照してください。


タスクや状態に応じて、デザインフローはいくつかのアクションと出力を組み合わせることがあります。Architectエディタには、シーケンスを構築するときに役立つさまざまな視覚的インジケータがあります。

  • 破線で囲まれたアクションは、現在選択されていて編集可能なアクションを示します。
  • シーケンス内で到達不能なアクションは利用できないように見えます。
  • 赤で強調表示されているアクションの見出しは、Architectがフローを公開できないようにする検証エラーを示します。
  • 黄色で強調表示されているアクションの見出しは警告を示しています。Architectでもフローを公開できますが、警告を確認してアクションを変更するかどうかを評価することをお勧めします。
  • 新しいアクションをドラッグするか、既存のアクションをシーケンス内の場所に移動すると、コネクタが実線から青いハイライトされた線に変わると、そのアクションは解放されてシーケンス内に配置されます。


フロー内のオブジェクトを検索して検索結果をクリックすると、Architectはそれを含むタスクまたは状態を開き、点滅してアクションを強調表示します。この機能は、長いタスクや状態の中で特定のオブジェクトを見つけたいユーザーに役立ちます。

さらに、アクションのタイトルバーをダブルクリックして、タスクエディタまたは状態エディタでそのアクションを強調表示します。


使用 タスク切り替え または スイッチ状態 現在のフロー内のタスクまたは状態のリストにアクセスするためのボタン。タスクまたは状態をクリックしてそれに移動します。



シーケンス内のアクションの削除、アクションの並べ替え、またはビューの変更など、タスクエディタおよびステートエディタでの作業の詳細については、「推奨コンテンツ」を参照してください。