タスク ビューを変更


設計フローでは、いくつかのアクションと出力を組み合わせることができ、タスクシーケンスはキャンバスが画面に表示できるよりも多くのスペースを占有する可能性があります。Architectには、長いタスクシーケンスを表示する2つの方法があります。

  • スクロールバーを使用するかキャンバスをつかんで、表示するタスクシーケンスのセクションが表示されるまでタスクシーケンスを上下に移動します。
  • ズームスライダバーを使用して、長いタスクのサイズを増減します。
注意:このオプションは、タスクが表示より長い場合のみ、虫眼鏡アイコンとして表示されます。このアイコンを選択すると、前後に移動して、タスク シーケンスのサイズを増減できるスライダー バーに変わります。