シリーズ: 上級ユーザー向けの Architect チュートリアル

高度なレッスン: 言語選択開始タスクを作成する

このレッスンでは、開始タスクを作成する、呼び出し元が英文では、メニュー オプションを聞くか、またはフランス語で続行するができるように、それを構成します。

目的

  • サポートされている言語としてフランス語、カナダを追加します。
  • 言語の設定タスクを作成し、開始メニューの代わりに開始タスクとして指定します。

推定完了時間:  25 分

前提条件

  • メイン メニューを含む練習の流れを作成します。
  • 開始タスクの設定をプレビュー

追加のリソース

タスク

  1. 練習のコール フローを開きます。  
  2. 以下のように、フランス語 (カナダ) をサポート言語に追加します。
    1. [設定] 領域で、[サポート言語] を選択します。
    2. Supported Languages設定領域で、をクリックします。 言語を追加 ドロップダウンリストと選択 フランス系カナダ人(fr-CA)

  1. ツールボックスから、 仕事 メニューとドラッグ 仕事 [再利用可能なタスク]領域に対する操作。
  2. [名前] ボックスに入力します。 言語の設定.
  3. クリック これを開始タスクとして設定する. 

     メモ:   再利用可能な言語を設定タスクが上に移動して、開始タスクになり、今度は最初の挨拶が開始タスク領域に表示されることに注意してください。 また、メイン メニューは、ページの下の再利用可能なメニューに移動します。

  4. 最初の挨拶プロンプトとして、「prompt.PCBInitialGreeting.wav」を追加します。
  5. TTS として、プロンプトのフランス語版を追加します。 
    ドラセナ d'appeler PureCloud bancaire ヴォートル アペル peut être enregistré à デ フィン ・ デ ・した・ ド ・ カリテ 
  6. タスクを編集をクリックします。 タスク エディターを開きます。

練習

今ではあなたの番です。 このセクションでは、フランス語に言語を変更する言語の設定アクションを追加し、プロンプトを録音します。

  1. タスクエディタのツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして 入力を集める [スタート]ボックスのすぐ下にある、タスクエディタへのアクション。
  2. [入力収集] 設定領域で、以下の手順を実行します。
    1. [名前] テキストボックスに、「フランス語の提供」と入力します。
    2. 入力オーディオテキストボックスに次のように入力します。 フランス語の場合は2を押すかFrançaisと言います。それ以外の場合はそのままにします。
    3. [データ名の入力] フィールドに、「Flow.French」と入力します。
    4. [桁数] を選択します。 まさに 1 桁.
    5. 選択、 一意の数字 検証します。
    6. 他のすべての設定は変更しないでください。

  1. ツールボックスから、論理カテゴリを展開して 決定 以下のアクション 入力を集める アクションの成功パス
  2. 決定操作の構成] 領域で以下の操作を行います。
    1. [名前] ボックスに入力します。 フランス語に切り替える.
    2. [式] フィールド 式モードに切り替える.
    3. [式]フィールドで、既存の式を削除します。 本当の 変数と型 Flow.French ==” 2”

今、追加してみてください、 言語の設定 言語をフランス語に変更するアクションです。  練習タスクが完了したら、をクリックします 保存する。 [言語の設定]アクションは、ツールボックスの下にあります。 フロー メニュー。

 メモ:   判断アクションの [はい] パスに従っていることを確認します。

  1. ツールボックスから、をクリックして展開します。 フロー アクションとドラッグ 言語を設定 決定アクションの「はい」パスの下にあるアクション。
  2. [名前] テキスト ボックスに、「言語をフランス語に設定」と入力します。
  3. [言語の選択] ボックスに選択します。 フランス語 (フランス) ("fr-fr").
  4. コールをメイン メニューに送信する [メニューに移動] アクションを追加します。
  5. クリックします。 概要に戻る 構成を保存します。