シリーズ: 上級ユーザー向けの Architect チュートリアル

上級レッスン:発信者の電話番号を取得します。


発信者の電話番号を確認し、必要に応じて発信者が別の番号を入力できるようにするメニューを作成できます。

注意:このレッスンでは、オーディオ シーケンスの構築、再利用可能なメニューの作成、タスク アクションを使用して発信者からの情報を収集またはデータを更新することについて学びます。また、タスクに転送するアクションも取り入れます。

電話番号から詳細を取得する方法の詳細については、 電話番号のデータ型について

目的:

メニューを作成し、発信者の電話番号を自動的に収集し、確認のためにその番号を発信者に読み返し、発信者に別の電話番号を入力するオプションを提供するオーディオシーケンスを作成します。

所要時間: 15分

前提条件

  • 見直し タスクを操作する
  • メインメニューを含む練習フローを作成します。
  • 組織に、通話の転送先として少なくとも1つの設定済みキューがあることを確認してください。キュー作成の詳細については、 キュー管理 またはSuggested content。

追加のリソース



すぐに来る更新画像

電話番号の確認タスク

ConfirmPhone

電話番号の再入力タスク

ReEnterPhoneNumber

タスク


  1. 練習フローを開きます。
  2. ツールボックスから、 メニュー カテゴリをドラッグして メニュー 再利用可能メニュー領域へのアクション。
  3. メニューに名前を付ける 電話番号を取得 オーディオシーケンスを設定します。
    1. メニュープロンプト領域で、をクリックします。 オーディオシーケンスを編集 ボタン。[オーディオ シーケンスの編集] ダイアログ ボックスが開きます。
    2. 音声合成テキストボックスに入力します。 私はあなたがから呼んでいるのを見ます
    3. クリック データを追加 ボタンと データ リスト選択 Call.Ani 変数。
    4. の中に オプションを選択 表示されたリストで、を選択します。 電話番号として
    5. クリック TTSを追加 ボタンをクリックし、Text to Speechボックスに次のように入力します。 これがアカウントに記載されている番号である場合は、「はい」と言うか、確認のために1を押します。それ以外の場合、「いいえ」と言うか、または正しい番号を入力するために2を押します。
    6. 閉じるをクリックします。


  1. ツールボックスから、 仕事 カテゴリをドラッグして 仕事 [電話番号の取得]再利用可能メニューへの操作。
  2. タスクに名前を付ける 電話を確認 次の手順を実行してください。
    1. のDTMFを選択 1
    2. 追加する はい 音声認識用語として。
    3. クリック タスクを編集


  1. タスクエディタのツールボックスで、 データ メニューとドラッグ データ更新 tへの行動スタートボックスのすぐ下にあるエディタに依頼してください。
  2. 「データの更新」設計エリアで、以下の手順を実行します。
    1. アクションに名前を付ける 電話番号を取得
    2. クリック 更新ステートメントを追加する 表示されるメニューから、を選択します。 ひも
    3. の中に 変数名 ボックス、タイプ Flow.PhoneNumber
    4. の中に 割り当てる値 ボックス、タイプ Call.Ani
  3. ツールボックスから、 仕事 カテゴリをドラッグして メニューへジャンプ [電話番号の取得]アクションの下にあります。
  4. 名前ボックスに入力します。 メインメニューへ
  5. 「メニュー」リストで、「」を選択します。 メインメニュー
  6. クリック 概要に戻る


練習課題



  1. をドラッグ 仕事 [電話番号の取得]再利用可能メニューへの操作。
  2. タスクに名前を付ける 電話番号を再入力 そして、次のようにします。
    1. DTMFを 2
    2. 追加する いいえ 音声認識用語として。
    3. タスクを編集します。


  1. をドラッグ 入力を集める tへの行動スタートボックスのすぐ下にあるエディタに依頼してください。
  2. 収集入力で デザイン領域、アクションの名前 電話番号を入力 次の手順を実行してください。
    1. 入力音声として次のTTSを追加します。 アカウントに関連付けられている10桁の電話番号を入力してください。
    2. 追加する Flow.PhoneNumber 入力データ名ボックスとして。
    3. 桁数が正確に設定されていることを確認してください。 10。
    4. 残りの設定は変更しないでください。
  3. をドラッグ メニューへジャンプ 電話番号の入力アクションの下 成功 パス、アクションを呼び出す メインメニューへにジャンプして、 メインメニュー
  4. 展開する 転送 カテゴリ、ドラッグ ACDに転送 電話番号の入力へのアクション 失敗 パスをクリックし、次の手順を実行します。
    1. アクションに名前を付ける カスタマーサービスへの転送
    2. 転送前の音声として次のTTSを追加します。 あなたをチームメンバーに迎え入れましょう
    3. カスタマーサービスなどの事前設定済みのキューを選択します。
    4. 残りの設定は変更しないでください。
  5. をドラッグ 切断する タスクシーケンスの最後にアクションを追加します。
  6. クリック 概要に戻るその後、フローを検証して保存します。


 


:前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: 上級レッスン:一括プロンプトインポートを実行する