前提条件:
  • Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 1、Genesys Cloud CX 2、またはGenesys Cloud CX 3ライセンス。

    注意: Genesys Cloud CX 3 のライセンスを持っていなくても、受信トレイにコーチングタブが表示されるユーザーがいる。 ただし、Genesys Cloud CX 3ライセンスがないと、コーチング機能を利用することはできません。

    エージェントまたはファシリテーターとして、 誰かがコーチングを作成したときの受信トレイ通知 a約束. 通知は、  参加者は a約束完成した。

    注意:  コーチングを使用する場合、許可を得ている部門のエージェントのみをコーチングできます。 つまり、データのみを表示できます あなたがメンバーになっている部門から。 詳細については、役割の割り当てを参照してください。 役割、部門、ライセンス、およびアドオンの割り当て.

     

    コーチングウィザードを開いて、受信トレイの通知からコーチングの予定を確認できます。 詳細を表示し、コーチングの予定内で必要なタスクを実行できます。

    過去60日間、および今後60日間まで、不完全なコーチングの予定を受信トレイで表示できます。

    ファシリテーター

    ファシリテーターは、ウィザードを使用して、通知から予定を変更できます。 あなたがoペン予定、あなたは編集することができます:

    • 名前
    • 詳細
    • コンテンツ
    • スケジュール: 日付/時間
    • 期間(分単位、最大60分)

    詳細については、を参照してください。 コーチングの予定を編集する

      注意: 予約がスケジュールされた後は、出席者またはファシリテーターを変更することはできません。 コーチングの予定が品質管理環境で作成され、その後WFM環境に移行した場合、その予定をWFMの予定に変換することはできません。 すべての新しいアポイントメントは、WFMスケジューリングプロセスを使用します。

      エージェント

      エージェントはコーチングに変更を加えることはできません予定。 詳細は読み取り専用です。 

      エージェントにコーチングアポイントメントが割り当てられると、エージェントは、割り当てられたコーチングアポイントメントに添付されているインタラクション、リンク、およびドキュメントを確認できます。 エージェントが添付ファイルを確認すると、エージェントはメモを作成してトピックに関する自分の考えを記録し、ファシリテーターに質問し、[メモ]タブで直接回答を受け取ることができます。

      コーチングの予定を表示するには、受信トレイの通知をクリックするか、[パフォーマンス]>[ワークスペース]>[マイパフォーマンス]>[開発]に移動するか、[アクティビティ]メニューを選択してアクティビティページを開きます。

       メモ:   参加者がインタラクションをコーチングの予定に追加すると、すべての参加者は、インタラクションを表示する権限に基づいて、そのインタラクションを表示できます。 すべての参加者がドキュメントにアクセスできます。