フローを設定する


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る

Architectを使用すると、フロー作成者は事前定義済みの操作、つまりフローをリンクして、シンプルまたは洗練されたメニューアプリケーションを作成できます。プログラマーでない方は Architect でフォームに入力してリンクすることによって、メニューのインタラクションを作成し管理することができます。Architectは、呼び出しの処理方法を決定するユーザー定義変数と呼び出しを比較します。

注意新しく作成されたフローが表示されるまでに数秒かかります。作者は通常すぐにフローを設定するので、この遅れは気付かれないかもしれません。現在のリストを更新するには、 更新する にはArchitectホームページをクリックしてください。

Architect の機能に慣れるために、以下のページを見直してください:

ページ 設定できる機能

タイムアウト動作を設定する

システムがタイムアウトする前に、発信者があらかじめ決められた時間を設定して数字を入力します。

メニューのDTMFと音声認識の設定

メニュー選択項目にアクションを追加すると、Architectには、タスクシーケンスでそのアクションを使用するときには利用できない排他的なメニュー設定があります。これらの行動は DTMFと音声認識 を含めます。

Architect ツールボックスについて

コールフローのメインページの[ツールボックス]には、開始メニューと再利用可能なメニューの構築に役立つアクションカテゴリがあります。の中に タスクエディタツールボックス 複雑なIVR操作を作成するためのアクションカテゴリとオプションを提供します。

コールフローのデフォルト設定を構成する

メニュー、音声認識、イベント処理、サポートされている言語、およびアクションのデフォルトのコールフロー動作を設定します。

 

フローのリソースを表示

コールフロー内で使用される文字列変数とプロンプトに関する詳細を管理および表示します。リソースが存在するコール フローの場所を表示、またはそこへナビゲートします。

オーディオ シーケンスについて

メニューとタスクで発信者に再生するオーディオ要素の順序付けられたシーケンスを設定します。

タスクと状態エディタのアクション

タスクエディタでは、Architectには、タスクを構成する一連のアクションを作成するのに役立ついくつかのツールがあります。