フローを管理する


Architectを使用すると、フロー作成者は、検証とエラーレビュー、アクティブ化のためのフローの公開、保存や削除、インポートとエクスポート、ロックとロック解除、チェックインやチェックアウトなどの管理機能を含むフローの管理に慣れるために、以下のページを確認してください。

ページ 設定できる機能

既存のフローを開く または フローの前のバージョンを表示する

既存のフローを開く、または読み取り専用で表示するために以前のバージョンのフローを開くためのさまざまな方法を参照してください。

フローを検証

検証プロセスとフローのエラーチェック方法について学びます。

フローを公開する

新しいフローの場合、Publishアクションはフローを管理者が使用できるようにします。管理者は、番号を割り当ててフローをアクティブにすることができます。既存のフローでは、フローの公開で変更が直ちに有効となります。

フローの維持

この記事では、次の方法について説明します。

  • フローを保存しますが、公開、追加、変更はしません
  • フローをチェックインして現在のバージョンを保存し、他のユーザーがそれをチェックアウトできるようにする
  • 未保存の変更を破棄
  • フロー設定ファイルのインポートまたはエクスポート

フローを印刷する

PDFを作成するか、コールフローのメニューとタスク構造のローカルコピーを印刷します。ロックまたはロック解除の流れのコピーを印刷することができます。

フローを削除

適切なロールを使用すると、一度に1つ以上のフローを削除できます。

コール フローのロックを解除

設定のロックを解除する方法、またはチェックインする方法を学びます。適切な役割を得て、他のユーザーによりロックされたフローをロック解除する方法を学びます。

フローのリストをフィルター

ソートおよびフィルタ機能を使用して、[Manage Flows]ページでフローのリストを絞り込みます。