フローのサポート言語を選択


言語リソースを個々のフローに追加できます。このフローでArchitectがプロンプトを再生したりプロンプトテキストを表示したりするデフォルトの言語を指定できます。各言語のTTSエンジンと音声を指定することもできます。

注意:組織のデフォルトの音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンはGenesys TTSです。Architectで追加のthird-対応 or 参加者 TTSエンジンにアクセスするには、まずGenesys AppFoundryからそれらを入手します。次に、それらをPureCloudで設定します。詳細については、 について音声合成 ( TTS )(TTS)エンジン

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを選択して、希望のフロータイプを選択します。
  2. 開きたいフローをクリックします。フローの設定ページが開きます。
  3. 設定を選択 サポートされている言語
  4. サポートされている言語 デザインエリアで 言語を追加 利用可能なサポート言語のリストを表示するには、listをクリックします。
  5. サポートされていない言語を表示するには、をクリックしてください。 言語を追加する
  6. 希望の言語を選択してください。
    注意:サポートされている言語を選択すると、選択した言語でランタイムデータ再生またはTTS再生がサポートされていない場合、Architectはメッセージを返します。
    1. (オプション) スピーチへのテキスト エリアでは、各言語のデフォルトのスピーチエンジンとテキストを読み上げる音声を設定します。
    2. (オプション)デフォルトの言語を変更するには、 既定の言語 コールフローのプライマリ言語の横にあるボタン。
    3. サポートされている言語ごとに、必要に応じて適切な言語を選択します。 言語スキル サポートされている言語に関連付ける言語スキルをリストして選択します。