シリーズ: PureCloud と Architect の言語サポートについて

Architect の言語サポート


注意:PureCloudユーザーインターフェースでサポートされている言語については、を参照してください。 PureCloud言語サポート

Architectは現在PureCloud対応言語をサポートしています 記載のとおり ユーザーインターフェイス(UI)、音声認識、音声合成 ( TTS )(TTS)、IVRシステムプロンプト、およびテレフォニーユーザーインターフェイス(TUI)。ただし、他の多くの言語でコールフローを作成できます。

注意:組織のデフォルトの音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンはGenesys TTSです。Architectで追加のthird-対応 or 参加者 TTSエンジンにアクセスするには、まずGenesys AppFoundryからそれらを入手します。次に、それらをPureCloudで設定します。詳細については、 について音声合成 ( TTS )(TTS)エンジン

コールフローのメインページの[設定]領域で、サポートされている言語を選択したり、デフォルトの音声認識設定を上書きしたり、TTSエンジンと音声オプションを選択したりできます。言語を選択すると、Architectはデフォルトまたは使用可能な場合にメッセージを返します。サード各自 選択した言語のランタイムデータ再生、音声認識、またはTTS再生はサポートされていません。

オーディオシーケンスを編集すると、Architectは、オーディオまたはTTSリソースが不足しているすべての言語に対する即時フィードバックを提供します。Architectは、言語がランタイムデータの再生、音声認識、またはTTSをサポートしていないかどうかも示します。


:前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: 言語サポートとTTS