シリーズ: PureCloud と Architect の言語サポートについて

言語サポートとTTS


通話フローでサポートされている言語ごとに、通話フローの実行時にTTSエンジンと音声を選択して、音声合成 ( TTS )再生を読み取ることができます。フローが実行されるたびにArchitectがその言語に対して使用する特定のエンジンと音声を選択できます。

注意:サードパーティー音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンは、Whisper 音声には対応していません。

また、PureCloudの中で、デフォルトを選択することもできます。 管理者 > ; アカウント設定 > ; 組織設定。詳細については、 デフォルトのTTSエンジンを選択してください。[デフォルト]を選択した場合、Architectは組織の設定に基づいて、使用するエンジンと音声を表示します。

特定の言語にTTSエンジンを使用しないように選択することもできます。[なし]を選択すると、フロー内でその言語にTTSを使用しようとすると、検証エラーが発生します。

統合としてインストールするサード対応 or 参加者 TTSエンジンを選択するときは、サード対応 or 参加者 TTSエンジンの制限と動作に注意してください。サードパーティの相手の または 参加者の設定は変更される可能性があるため、ArchitectのはTTSエンジン間の違いを提供しません。ただし、最大長に制限がある場合は、[情報]をクリックしてください。 詳細については。

フローを公開すると、ArchitectはTTSエンジンとサポート対象の言語に設定した音声をロックし、実行時にそれらを使用します。組織のデフォルトのTTSエンジンまたは音声が変更され、このオプションを使用する既存のフローを更新したい場合は、フローを再公開する必要があります。それ以外の場合、フローは元の公開時に選択されたデフォルトのTTSエンジンと音声を使用します。 TTSエンジンとフロー内の音声を確認するには、 特定のTTSエンジンを使用するフローを検索する

 


Architect の言語サポート :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: フローのTTSエンジンと音声を選択