シリーズ: PureCloud と Architect の言語サポートについて

言語とランタイム データ再生


フローで言語を選択すると、Architect は次の場合にメッセージを返します。

  • デフォルトの TTS エンジンは、選択した言語のランタイムデータ再生または TTS 再生をサポートしていません。
  • 使用可能な TTS エンジン統合が言語をサポートしていない場合

サポート対象外の言語で式を処理しようとすると、Architect が検証エラーを返します。サポート対象外の言語でフローを実行すると、Architect が空の音声を再生します。

注意:組織のデフォルトの音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンはGenesys TTSです。Architectで追加のthird-対応 or 参加者 TTSエンジンにアクセスするには、まずGenesys AppFoundryからそれらを入手します。次に、それらをPureCloudで設定します。詳細については、 について音声合成 ( TTS )(TTS)エンジン

Architect では、Genesys AppFoundry から取得した TTS エンジンは、静的および動的プロンプトの両方で同じように動作します。実行時にバランスを再生するなどの動的プロンプトは、再生前に文字列にキャストする必要があります。例えば:ToAudioTTS (ToString (フロー AccountBalance)).



エラーメッセージの詳細を探す

式にエラーが含まれていると、Architectはエディタの下にメッセージを返します。エラーに関する詳細を表示するには、メッセージをクリックし、以下の機能に注意してください。

  1. エラーに関数名(たとえばMakeDuration)が含まれていると、その関数名は青で表示されます。特定の関数にフォーカスして、その関数名をクリックすると、[式のヘルプ] ダイアログボックスが開きます。
  2. エラーメッセージの残りの部分は赤で表示されます。赤色のエラー メッセージをクリックして、式エディターにフォーカスを当て、入力キャレットをスクロールしてエラーの場所に移動します。


TTS がサポートされていない言語の TTS 再生を構成する

Architect のデフォルトの TTS エンジン、Genesys TTS、またはサード 相手 or 参加者 TTS エンジンがサポートしている言語で TTS 再生を設定します。同様に、ToAudio 関数を使用してデータ再生を設定する場合は、Architect が対象言語によるランタイム データ再生をサポートしていることを確認してください。

たとえば、コールフローの設定領域で次のサポートされている言語を選択するとします。

  • 英語 (en-us)
  • ブルトン語 (br-FR)

次に、コールフローの最初のグリーティングに対して、オーディオシーケンスに「ようこそ」の TTS グリーティングを追加します。この場合、ブルトン語の TTS はサポートされていないため、Architect は検証エラーを返します。TTS 表現が無効です。Architect は、TTS エンジンを持たない言語で TTS を再生しようとする試みとして、このアクションを解釈します。

ただし、言語エラーを解決するために、別のブルトン語のオーディオシーケンスを指定することができます。[オーディオシーケンスの編集] ダイアログボックスで、ブルトンの代替シーケンスを有効にし、テキストに基づいてオーディオプロンプトを作成し、有効なオーディオリソースを追加します。ここでは、Architect はブルトン語ではなく英語で演奏し、Architect は英語で TTS とランタイムデータの再生をサポートしているため、メインシーケンスの式を検証します。

代替シーケンスは、システムが実行時データ再生または TTS 再生のいずれかをチェックする指定言語としてパーサーに渡されます。メインシーケンス式は、すべてのフローサポート言語から定義された代替シーケンス言語を差し引いた値を渡します。


ランタイムデータ再生の概要 :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: