シリーズ: コール フローを作成

フローのデフォルトを設定


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る

設定、デフォルトのフロー動作を設定します。ここでは、次のことができます。

  • フローアーキテクチャの定義と管理
  • フローの有効化と維持
  • 必要に応じて、他のフローおよびプロンプトタスクを監視および実行する

詳細については、次のページを参照してください。

ページ 設定できる機能

デフォルトのアクション設定をセットアップ

{"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}}

デフォルトのイベント処理動作を設定する

Architect がフロー内でエラーを検出した場合、既定のフロー動作を管理します。

デフォルトのメニュー設定を設定

管理 {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}}

フロー内でサポートされている言語を選択する

管理 音声プロンプトの再生または録音のための言語。

デフォルトの音声認識設定を設定

会社のディレクトリ、タイムアウトと信頼度、最大音声の長さなど、一般的なフローレベルの音声設定を管理します。


インバウンド フローの追加 :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: