シリーズ: コール フローを作成

フローにメニューを追加します。


メニューは、Architectで作成され、電話のキーパッドの数字を押すか有効な音声認識エントリを話すことによって発信者が選択できる、構造化されたアクションの集合です。入力されたものからシステムが実行して、次の決められた機能へとコールが処理されます。

メニュー(またはサブメニュー)を作成するには、次の手順に従います。

  1. メニューアクションを追加するフローを開きます。
  2. ツールボックスで、 メニュー 次のいずれかを実行してください。
  • をドラッグ メニュー Reusable Menusコンテナ内の適切な場所にアクションを実行します。
  • をドラッグ メニュー [スタート]メニューの適切な場所に移動します。

再利用可能なメニューコンテナ

  1. の中に 再利用可能なメニュー コンテナ、新しいメニューアクションをクリックします。
  2. メニューに名前を付けます。 メニュープロンプト エリアには、どのキーを押すことができるかを発信者に知らせる音声プロンプトを録音します。メニュープロンプトは、メニューに入るたびに再生されます。
  3. 必要に応じて デフォルトのメニュー選択、メニューオプション、および音声認識オプション 必要に応じて。
  4. 追加されたメニューアクションを選択します(まだ選択されていない場合)。それからメニュー選択を作成するためにそれに操作を追加します。これらのエントリに名前を付け、それらに数字を割り当て、そして制御オプションのフローを設定します(終了時のアクション)。

起動メニューコンテナ

  1. の中に 起動メニュー コンテナ、新しいメニューアクションをクリックします。
  2. メニューに名前を付けます。 初期の挨拶 面積sメインメニューの初期グリーティングプロンプトを設定します。発信者が最初に IVR に入ったときに、最初の挨拶が一度だけ再生されます。  
  3. メニューに名前を付けます。 メニュープロンプト エリアには、どのキーを押すことができるかを発信者に知らせる音声プロンプトを録音します。メニュープロンプトは、メニューに入るたびに再生されます。
  4. 必要に応じて デフォルトのメニュー選択、メニューオプション、および音声認識オプション 必要に応じて。
  5. 追加されたメニューアクションを選択します(まだ選択されていない場合)。それからメニュー選択を作成するためにそれに操作を追加します。これらのエントリに名前を付け、それらにディジットを割り当て、そしてあなたの会社の設計ごとにフロー制御オプションを設定します。


基本的なフローのデザイン手順 :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: フローのタスクでの作業します。