シリーズ: コールフローを作成する

フローでタスクを作成

タスクエディターで一連の操作を計画、作成する際は、十分に考慮する必要があります。  これらのタスク アクションは、Architect ツールボックスから利用することができます。

これらの記事は、フロー作成者がタスクシーケンスを作成するのに役立つように設計されています。 管理者と編集者はタスクを作成および管理できます。 

タスク    説明
タスク内でオーディオを再生 発信者に再生するためのオーディオ要素の単純または複雑な順序のシーケンスを設定します。
タスクにインプットを収集のアクションを追加 数字列を入力するように発信者に促します。たとえば、郵便番号や口座番号などです。
参加者データの取得アクションをタスクに追加する コールの参加者から取得する属性を設定し、その結果に基づいてフローを分岐させます。  
タスクに参加者データの設定アクションを追加する A呼び出しに関する情報を解析し、その結果に基づいてフローを分岐します。  
タスクにSet Screen Pop dataアクションを追加する 自律的エージェントの呼び出しに関する情報をワークステーションに表示されるダイアログ ボックスを構成します。  この情報は事前に定義されたスクリプトか引き出されていますが、フローへの追加時に Architect で変数の設定が必要になる場合があります。
タスクにデータ更新データアクションを追加する 値をフローまたはタスク レベル変数にアサインします。
タスクに内線によるダイヤル操作を追加する 内線番号でダイヤルを使用して、発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。 
タスクに切断のアクションを追加 タスクシーケンスの終了パスを指定します
タスクに言語を設定のアクションを追加 発信者は、プロンプトの言語を選択することができるようになります。
タスクに決定アクションを追加する 条件が true であるかどうかによって、プロセスを分岐させます。  
タスクにスイッチのアクションを追加 コールが満たす定義済みの制約がある場合はそれに応じて、フローがたどるパスを指定します。
タスクにループ アクションを追加 デザインの次のアクションに進む前に、一連のアクションを繰り返すようにプロセスに指示します。
タスクにメニューアクションを追加 メニュー メニュー アクションにジャンプを使用して、指定されたメニューに即座に転送するオプションを発信者に許可します。  前へのメニュー アクションを使用し、発信者に前のメニューに転送するオプションを提供します。 
タスクに[再利用可能なタスクへジャンプ]アクションを追加する [再利用可能なタスク]領域で以前に構成した完全なタスクにプロセスを進めます。
タスクに転送アクションを追加 呼び出し側をキューシステム、Genesys Cloudユーザー、外部番号、または他のフローに直接転送するための転送アクションを追加します。
タスクに保留音楽アクションを追加する このアクションは、キューで待機しているときに発信者が経験する音声プロンプトおよびプロンプト動作を設定します。 このアクションは、キュー内フローに対してのみ使用可能です。
タスクにラップアップ コードの設定アクションを追加  このアクションを使うと、エージェントはコールに割り当てるラップアップコードを選択することができるようになります。  
タスク シーケンスを終了 タスクエディタでタスクシーケンスを作成するとき、タスクは常に最終結果を持つ必要があります。