シリーズ: コールフローを作成する

基本的なフローのデザイン手順

フローは、相互作用のさまざまなフェーズを通じて呼び出し元のエクスペリエンスを構成する一連のアクションとパラメーターを接続したものです。 フローの作成者と呼ばれるコンタクト センター ユーザーがフローを作成し編集します。 {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} この領域には、選択したアクション固有のオプションが表示されます。  

フロー内のローカライズされたコンテンツ

ローカリゼーションは、Architectが実行される言語によって駆動されます。 アーキテクトで新しいフローを作成すると、アーキテクトは新しく作成されたフローの次の部分を次のようにローカライズします。

Architectが実行されている言語に基づいて:

  • メインメニューの名前
  • 切断メニュー選択の名前

フローのデフォルトのサポート言語に基づきます。

  • 初期グリーティングおよびメニュープロンプトのTTS値の例

基本的なフロー作成手順

フローを作成するための基本的な手順は次のとおりです。

  1. アーキテクトのホームページから、作成するフローのタイプを選択します。 新しく作成されたフローの流れデザイン ページが開きます。
  2. 使用可能なフローのタイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。
  3. フローを開始メニューまたは開始タスクで開始するかどうかを決定します。
     メモ:   これはフローの発信者の体験の始まりです。 開始メニューはオーディオを再生し、DTMF 入力を受信し、発信者の入力に基づいて分岐することで発信者に選択肢を提供したい場合に役立ちます。 開始タスクは、フロー進行前に Architect がコールに関する事柄を確認するときに役立ちます。 詳細は、次の記事を参照してください。
  4. 既定の構成設定の構成、アクション、エラー処理、メニュー、音声認識、およびフローでサポートされる言語が含まれます。
  5. 適切なアクションカテゴリをメニューまたはタスクにドラッグします。 次の Architect のツールを使ってフローのデザインに基づいて設定をカスタマイズします。
  6. フローの検証 問題やエラーをチェックします。
  7. 検証エラーを確認して解決します。
  8. フローを公開.

これらの基礎的な手順に加え、タスクやメニューを再利用したり、前に作成したフローをインポートしカスタマイズしたり、既存のフローを違うフローで使うためにエクスポートしたり、フロー内のアクションを割り当てるために音声シーケンスを設定したり、タスク アクション内で複雑な構成シナリオを定義したりすることもできます。  


: 前回の記事で提案 次の推奨記事: フローにメニューを追加します。