シリーズ: コール フローを作成

基本的なフローのデザイン手順


フローとは、 インタラクションさまざまなフェーズを通じて発信者のエクスペリエンスを構成する、一連のアクションとパラメータが接続されたものです。コンタクト センター ユーザー、フロー作成者と呼ばれる作成し、フローを編集します。{"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} この領域には、選択したアクションに固有のオプションが表示されます。

PureConnectおよびGenesys Engageユーザーのための労働力エンゲージメント

この Genesys クラウド機能は、 PureConnect および Genesys プラットフォームのユーザー Engage 利用できません。

これらのプラットフォームのユーザーは、プラットフォームの労働力エンゲージメント機能を、 Genesys Cloudで利用可能な堅牢でスケーラブルな機能で補完または置き換えることができます。これらのプラットフォームのお客様が Genesys Cloud 機能を使用する方法の詳細については、 Genesys クラウドのエンゲージメント Genesys PureConnect ソリューションガイド および Genesys のためのクラウドワークフォースエンゲージメント Genesys Engage 「ソリューションガイド」を参照してください。(リンク未定)

フロー内のローカライズされたコンテンツ

ローカライズは、Architectが実行されている言語によって決まります。 Architectで新しいフローを作成すると、Architectは新しく作成されたフローの次の部分を次のようにローカライズします。

Architectが実行されている言語に基づいて:

  • メインメニューの名前
  • 切断メニュー選択の名前

フローのデフォルトのサポート言語に基づきます。

  • 初期グリーティングおよびメニュープロンプトのTTS値の例

基本的なフロー作成手順

フローを作成するための基本的な手順は次のとおりです。

  1. {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}}
  2. 使用可能なフローのタイプの詳細については、以下のトピックを参照してください。
  3. フローを開始メニューまたは開始タスクで開始するかどうかを決定します。
    注意:これは、フローの呼び出し元の経験の始まりです。開始メニューは、オーディオ、受け入れて DTMF 入力、入力呼び出し元に基づくフローを分岐しを再生することにより、呼び出し元の選択肢の選択を提供する場合に便利です。開始タスクは、フロー進行前に Architect がコールに関する事柄を確認するときに役立ちます。詳細については、次の記事を参照してください。
  4. 既定の構成設定の構成、アクション、エラー処理、メニュー、音声認識、およびフローでサポートされる言語が含まれます。
  5. 適切なアクションカテゴリをメニューまたはタスクにドラッグします。次の Architect のツールを使ってフローのデザインに基づいて設定をカスタマイズします。
    • 内線でダイヤルする 発信者が内線にダイヤルして他の人に転送できるようにします。
    • 接続を切るでは、発信者は自由に電話を終わらせることができます。
    • メニュー 呼び出し元のオプションの一覧を表します。サブメニューをつくったり、現在のメニューを繰り返したり、他のメニューに移ったり、前のメニューに戻ることができます。
    • タスク プロセスの関連ステップをグループ化して、フロー内でのルーチンの編成を支援します。
    • 転送オプション 呼び出し元をキューまたはグループ、外部番号、別のフロー、特定のユーザー、またはボイスメールボックスに送信します。
  6. フローの検証 問題やエラーをチェックします。
  7. 検証エラーを確認して解決します。
  8. フローを公開.

これらの基本的な手順に加えて、再利用可能なタスクとメニューの作成、以前に作成されたフローのインポートとカスタマイズ、別のフローで使用するための現在のフローのエクスポート、フロー内の適切なアクションのためのオーディオシーケンスの設定、複雑な定義タスクアクション内の構成シナリオの設定などをすることができます。


:前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: フローにメニューを追加します。