フローのデータ リソースを管理

以下 リソース, 選択 データ. 変数データのリストが[データ]セクションに表示されます。

[データ] セクションには、次の列があります。

説明

タイプ

データ リソースの変数カテゴリを表示します。たとえば、文字列、通貨、コレクションなどです。

データ リソースの表示または管理。詳細については、データ リソース名をクリックしてください。

  • リソースが読み取り専用の場合は、[表示]ダイアログボックスが開きます。このビューでは、名前、ユーザー補助、初期値、使用場所などの詳細を確認できます。
  • リソースが読み取り専用ではない場合は、[編集]ダイアログボックスが開きます。ここでは、リソース名を更新するか、アクセシビリティと初期値を設定するか、適切な使用場所に移動します。

コンテナー

データの表示先を表示します。

方向

データが入力変数か出力変数かを表示します。

セキュア

フローが安全なデータを消費する場合、タスク エディタに表示される安全な変数名とアクションにキー アイコンが表示されます。システムは、フロー名の前にキーアイコンが表示され、安全なデータの使用を表します。安全な

使用法

フロー内でリソースが表示される場所または場所の数を示すリンクをクリックします。リソースが存在するフローの領域に移動するには、以下の手順に従います。

  1. _を開くには 用途 ダイアログ ボックスで、使用リンクをクリックします。
  2. [ 場所 カラム、cリソースに関連付けられている適切なリンクをリックします。

説明

データ リソースに関する詳細情報を表示します。

データを検索

検索したいデータリソースの最初の数文字を入力します。選択により Architect がリストをフィルターします。

変数の追加、フィルター、削除が可能です。

変数を追加する

  1. 変数を追加追加する変数の種類を選択します。
  2. の中に 変数名を入力 ボックスに、変数に関連付ける名前を入力します。
  3. クリック 作成する。変数がテーブルに表示されます。
  4. 変数値を編集するには、変数名をクリックします。[変数の編集]ダイアログボックスが開きます。詳細については、 変数を管理する

データをアクセス性でフィルター

  • 下 アクセシビリティによるデータのフィルタリングテーブル内の変数をソートするプロセスの名前を選択します。

未使用の変数を削除する

  • もし 電子メール、メッセージ、またはアンケートへの招待 variableは使用されていないか、または未公開の出力変数です。削除することができます。クリック  削除したい変数の横にあります。