キュー内フローの概要


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る

Architectは組み込みdを提供しますデフォルトのキュー内フローただし、会社の仕様や好みに合わせて追加のキュー内フローを作成して使用することができます。。キュー内のフローを使用して、エージェントへの転送をキューで待機している間にカスタマーが受けるエクスペリエンスを作成します。このホールドの経験のいくつかの例を示します。

  • 保留音楽
  • コール処理に関するメッセージの再生、「現在、通常のコール量より多く発生しています。」または「コールは受信した順序で処理されています。すべてのお客様皆さまには同様の優れたサービスを提供しておりますので、どうぞこのままお待ちください。」
  • 会社に関する追加情報を含むメッセージの再生。「オンラインサポートにもアクセスできることをご存知ですか。 www.company.com」
  • 完全なオーディオ体験を作り上げるためのアクションの組み合わせ

キュー内フローは他のフロータイプと同様の機能セットを使用しますが、着信または発信コールに組み込まれている点が異なります。キュー内フローはタスクアクションを使用して、フローの動作を構成するプロセスを構築および作成します。このフローでは、メニューと再利用可能なタスクは利用できません。デフォルトで、キュー内フローは単一の音楽交換機能が含まれており、カスタマーに合わせて経験を変更したり、追加したりすることができます。


デフォルトのキュー内フローは自動的には公開されません。このフローを使用してキューで待機している通話を処理するには、まずそれを公開する必要があります。

デフォルトのキュー内フローを削除することはできません。また、デフォルトのキュー内フローの名前または説明を編集することもできません。しかし、あなたが持っているなら あなたの役割に割り当てられたArchitectユーザー編集者または管理者権限その後、フロー設計に従ってデフォルトの動作を変更できます。