Architect権限の概要


Architectは、フロー設計タスクまたは職務にアクセス権を付与します。PureCloud組織の管理者は、Architectユーザーに適切な権限を割り当てる必要があります。

Architectの使用許可

この許可 これらの操作を許可します

Architect > UI 表示(V)

Architectユーザーインターフェースにアクセスします。

Architect依存関係追跡アクセス許可

この表は、Architect依存関係追跡に関連する許可をリストしたものです。

この許可 これらの操作を許可します

Architect > 依存関係の追跡 > 再構築

依存関係追跡情報を再構築します。

Architect > 依存関係の追跡 > 表示(V)

依存関係追跡を操作し、依存関係追跡ステータスを表示します。

Architectフロー権限

この表はすべてのArchitectフロータイプに関連する許可をリストしたものです。

この許可 これらの操作を許可します

Architect > フロー 追加

任意のタイプの新しいフローを追加してください。

Architect > フロー 削除

任意のタイプのフロー、およびそのフローの以前のバージョンをすべて削除します。ユーザーは以下のフローを削除できません。

  • 他のユーザーによってロックされています。
  • IVR設定に関連付けられています。
  • 他のリソース(例えば、他のフローやスクリプト)によって消費されます。

Architect > フロー 編集

ロック、チェックイン、保存、名前を付けて保存、エクスポート、保存していない変更の破棄など、任意のフロータイプを編集します。

Architect > フロー > 発行

任意のフロータイプの以前のバージョンを公開および非公開にします。

Architect > フロー > サーチ

転送可能なフローまたはセキュアフローへの転送アクションを使用して、転送先となる公開フローに関する情報を取得します。

Architect > フロー > ロックを解除

他のユーザーが現在ロックしているフローをアンロックします。

Architect > フロー > 表示(V)

フローに関するページ情報の表示、個々のフローとフロー履歴の表示、およびフローをエクスポートします。

Architectプロンプトの許可

この表はArchitectシステムおよびユーザプロンプトに関連する許可をリストします。

この許可 これらの操作を許可します
Architect システム プロンプト > 編集
  • システムプロンプトの名前と説明を編集します。
  • 音声合成 ( TTS )を除く、関連するプロンプトリソースをすべて追加、変更、および削除します。
  • 新しい音声をアップロードするか、既存の音声ガイダンスを削除します。

Architect システム プロンプト > 表示(V)

システムプロンプト、プロンプトリソース、およびプロンプト履歴を表示します。

Architect > ユーザー プロンプト > 追加

新しいユーザープロンプトを追加して設定します。

Architect > ユーザー プロンプト > 削除

既存のユーザープロンプトを削除します。

Architect > ユーザー プロンプト > 編集

  • ユーザープロンプトの名前と説明を編集します。
  • 関連するプロンプトリソースを追加、変更、および削除します。
  • プロンプトを修正する音声合成 ( TTS )、新しいプロンプトをアップロードする、または既存のプロンプト音声を削除します。
Architect > ユーザー プロンプト > 表示(V)

ユーザープロンプト、プロンプトリソース、およびプロンプト履歴を表示します。

その他の許可要件

この表はPureCloud機能とArchitectでフローを設計するときそれらを参照するのに必要とされる許可をリストします。

機能 権限
ブリッジアクション ブリッジの設定 > アクション > 表示(V) 
定型文による応答

応答 > ライブラリ > 表示(V)
応答
> 応答 > 表示(V)

連絡先リスト アウトバウンド > 連絡先リスト > 表示(V) 
データ操データ アクション作 統合 > アクション > 表示(V)
グループ 連絡先 > グループ > 表示(V)
キュー ルーティング > キュー > 表示(V) 
スケジュールとスケジュールグループ テレフォニー > Plugin > すべて
スクリプト Scripter > 発行されたスクリプト > 表示(V)
ユーザー 連絡先 > ユーザー > 表示(V)
ラップアップ コード ルーティング > ラップアップ コード > 表示(V)