Genesys Cloudはタスクまたはジョブ機能に基づいて権限を設定します。 アクセス制御を管理するには、Genesys Cloud組織の管理者が、選択したユーザーに対して適切な権限を割り当てる必要があります。 Genesys Cloud機能の権限の詳細については、以下を参照してください。ロールと権限の概要.

重要。   ユーザーにアクセス制御を割り当て始める前に、まず、のインスタンスを削除してください。 全般 > 管理者 既存のすべての役割からの許可。 自分のユーザー役割に割り当てられたこの権限を持つユーザーは誰でも、組織内のものを作成、更新、または削除できます。 Genesys Cloud内の管理オブジェクトへの適切なアクセスを確保するために、これを削除してください。

 メモ:   権限の更新が Genesys Cloud を通過して有効になるまでに最大 5 分かかる場合があります。

アクセス区分作成権限

この表は、アクセス区分の作成と管理に関連する権限について説明しています。 管理オブジェクトを移動する権限を持つユーザーには適切なアクセス区分が必要です。 役割に割り当てられている これには、オブジェクトベースの権限が含まれています。

この権限 これらの操作を許可します

Authorization > Division Add

Authorization > Division > Grant

新しいアクセス区分を追加してください。
Authorization > Division Edit アクセス区分の名前、説明、および現在割り当てられているオブジェクトを編集します。
Authorization > Division Delete 既存のアクセス区分を削除します。
Authorization > Division View 現在のアクセス区分を表示します。

役割権限

この権限 これらの操作を許可します
Authorization > Grant > Add ユーザーに役割を付与します。
Authorization >Grant>View ユーザーの役割を表示する

構成オブジェクトの許可

ユーザーがアクセス区分間でオブジェクトを移動する前に、適切な権限を持っている必要があります。 構成オブジェクト ユーザー役割に割り当てられている権限。 この表は、ユーザーがこれらのオブジェクトを移動できる許可を示しています。

この権限 これらの操作を許可します
Directory > User > Edit メンバーをあるアクセス区分から別のアクセス区分に移動します。
Directory > Group > Add グループを作成してください。
Directory > Group > Edit グループを編集します。
Architect > Flow > Edit 任意のフロータイプをあるアクセス区分から別のアクセス区分に移動します。
Outbound > Campaign > Edit 1つのアクセス区分から別のアクセス区分にアウトバウンドダイヤルキャンペーンのメンバーを移動します。
Outbound > Contact List Edit 連絡先リストをある部署から別の部署に移動します。
Outbound > DNC List Edit 「連絡先なし」リストをあるアクセス区分から別のアクセス区分に移動します。
Outbound > Messaging Campaign > Edit メッセージングキャンペーンを編集します。
Routing > Queue > Edit あるアクセス区分から別のアクセス区分にキューを移動します。
Workforce Management > Management Unit > Edit
人事管理ユニットをあるアクセス区分から別のアクセス区分に移動します。
Workforce Management > Business Unit > Edit ビジネスユニットを編集します。