キュー内フローを処理する

前提条件

 以下の権限

  • Architect > Flow > Add
  • Architect > Flow > Edit
  • Architect > FlowView

キュー内の通話、電子メール、またはメッセージフローを使用して、顧客がエージェントに転送するためにキューで待機している間、カスタマーエクスペリエンスをカスタマイズします。

冠詞    説明

キュー内フローの概要

Architectがキュー内のフローを処理する方法を学びます。

キュー内フロー優先順位について

フロー順の優先順位について学びます。

キューの作成と設定

キューの動作を作成および構成します。 適切なキュー内の通話、電子メール、またはメッセージフローを選択します。

フローを作成する

Architectでキュー内フローを作成する方法を学びます。

キュー内コール フローを設定

キュー内のコールフローのみ: 保留音を選択するか、キュー内フローのプロンプトを表示します。

デフォルトのイベント処理動作を設定する

イベント処理は、インタラクションによって行われた無効なエントリなど、エラーが発生した場合に Architect がどのように動作するかを決定します。

サポートされる言語を選択

キュー内の通話、電子メール、またはメッセージフローでサポートする言語を選択し、キュー内のフローのデフォルト言語を設定します

デフォルトのインキュー フローを再発行します。

キュー内のコールフローのみ: カスタムホールドミュージックのデフォルト設定を変更した場合に、デフォルトのキュー内コールフローを再公開する方法を学びます。

デフォルトのキュー内コールフローを編集します

キュー内のコールフローのみ: デフォルトのキュー内コールフローの保留音声を変更する方法を学びます。

Architect のバージョン情報

デフォルト設定の構成など、フローに関する詳細情報を見つけてください。フロー管理依存関係の検索フロー設計リソースヒント、ベストプラクティス、およびトラブルシューティング 

Architect権限の概要

Architect権限は、フロー設計タスクまたはジョブ機能に基づいています。 Genesys Cloud組織の管理者は、Architectユーザーに適切な権限を割り当てる必要があります。