アウトバウンドフローの概要


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る
  • ルーティング > ; 要約 コード > ; 見る 
  • アウトバウンド > ; 連絡先リスト > ; 見る 

アウトバウンド フローは、エージェントがコールセンターまたはクライアントに代わって発信するコールを処理します。例えば、エージェントは、テレマーケティング、セールスおよび資金調達、連絡先リストの更新、アンケートフォーム、または確認サービスのために電話をかけることができる。自分の役割に基づいて、アウトバウンドフローを作成、表示、編集、および管理できます。Architect著者デザイン方法のロジック処理コンタクトリストとラップアップコードを含むアウトバウンドコール、しかし流れアウトバウンドを指定しないでくださいPureCloud発信するためのプロセスキャンペーン 。

アウトバウンドフロー設計には、インバウンドフロー設計で使用可能なほとんどの機能が含まれていますが、次の例外があります。

  • アウトバウンドフローには、連絡先リストとデフォルト ラップアップ コードです。
  • 設定可能ではありませんが、発信フローには、デフォルトの連絡先リストから派生したcall.contact変数とプロパティが含まれています。
  • 一部のツールボックスアクションは互換性がないため、[Outbound Flow]ページに表示されません。
注意:PureCloudで、特定の送信キャンペーンに対してどの送信フローArchitectが実行されるかを決定するプロセスを処理します。 発信ダイヤル > ; 呼コール分析応答

Architectアウトバウンドフローを作成、構成、および公開するには、アウトバウンド管理者に少なくとも1つの構成済み連絡先リストと1つの構成済みラップアップ コードです。アウトバウンドフローを追加するときは、 デフォルト連絡先リストとラップアップ コード選択する必要があります。ただし、これらのデフォルトは次の方法でアウトバウンド フローの構成内で設定または変更できます。

  • 送信フローを開き、[設定]領域で[送信設定]を選択してデフォルトを変更します。
  • 設定ラップアップコードのアクションを追加するタスクアウトバウンドフローで、目的の選択ラップアップ コードド