アウトバウンドフローの作成


前提条件

以下の権限:

  • アーキテクト > ; フロー > ; 追加する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する
  • アーキテクト > ; フロー > ; 見る
  • ルーティング > ; 要約 コード > ; 見る 
  • アウトバウンド > ; 連絡先リスト > ; 見る 

アウトバウンドフローを作成して、アウトバウンドダイヤルキャンペーンに関連付けます。このアウトバウンドダイヤルキャンペーンは、規則に従って人々のリストに連絡し、連絡先リストから読み取った情報に基づいて電話をかけます。 Architectでアウトバウンドフローを作成するときは、既存の連絡先リストとデフォルトの後処理コードを含める必要があります。なお、これらのデフォルト選択はフローの [アウトバウンド フロー] ページの [設定] 領域で編集できます。

注意:初めてフローを作成する場合、Architectは組織のデフォルト言語セットを選択します。 [フローの作成]ダイアログボックスで、組織の既定の言語とは異なる既定の言語を選択すると、Architectは新しい言語にのみ代替言語を適用します。

アウトバウンドフローの作成

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 フロー メニューと選択 発信通話
  2. クリック  追加する。[フローの作成] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. の中に [フィールド]に、発信フローの一意の名前を入力します。
  4. の中に 説明 このフローを説明するために、必要に応じて短い文または句を追加します。
  5. これが最初のフローの場合、またはデフォルトの言語を変更する場合は、テキストの末尾にある矢印をクリックしてください。 既定の言語 Architectでサポートされている言語の1つをリストして選択します。
    注意:でサポートされていないデフォルトの言語を使用する Architectでサポートされている言語は、フローの[設定]領域に追加 サポートされている言語
  6. クリック 部署 フローを配置する部門をリストして選択します。
  7. クリック 連絡先リスト 発信フローに関連付ける連絡先リストを選択します。
  8. クリック デフォルトのまとめコードそして、アウトバウンドフローに関連付けるための後処理コードを選択します。
  9. クリック フローを作成。フローの設定ページが開きます。

これで、フローを設計し、送信設定を構成できます。連絡先リストと後処理コードを含む、発信フローと発信ダイヤルの詳細については、を参照してください。 発信ダイヤルについて