フローの依存関係を表示

フローを作成するときに、すべての部分がどのように組み合わさっているかを確認すると便利なことがあります。依存関係を表示すると、フローを構成するオブジェクト間のインタラクションとフロー自体を確認できます。Architect はフローで使用されるオブジェクトの依存関係を追跡する機能をサポートします。

以下 リソース, 選択 依存関係. リソースのリストがページの右側にある [依存関係] ペインに表示されます。

注意:プロンプト依存関係を表示するには、コールフローの[Resources]領域で、[Select]を選択します。 プロンプト。変数データのリストが、ページ右側の[プロンプト]ウィンドウに表示されます。

[依存関係]ペインには、次の列があります。

説明

リソースに表示されているユーザー入力の参照名。

タイプ

フローに関連付けられたリソース オブジェクト。タイプには次のものがありますが、これらに限定されません。インバウンドまたはアウトバウンドフロー、キュー、ユーザー、言語スキル、 スクリーンポップアップスクリプト、ブリッジアクション、ACDスキル、およびラップアップコード。

利用先

フロー内でリソースが使用される場所または場所の数。各インスタンスは、リンクで表されます。リソースが設定されているフローの領域に移動するには、以下を行います:

  1. 使用リンクをクリックして、 用途 ダイアログ ボックス。
  2. [ 場所 カラム、cリソースに関連付けられている適切なリンクをリックします。

既存のフロー内の消費フローの表示

共通モジュール機能がある場合は、特定のフロー内で依存関係検索を実行し、現在のフローの他のコンシューマーを検索できます。これらのフロー タイプは次のとおりです。

  • 共通モジュールフロー
  • ボットフロー
  • キュー内コールフロー
  • 安全なコールフロー

既存のフロー内から消費フローを見つけるには、以下のステップを実行します。

  1. 適格なフローを開きます。
  2. ツールバーで 消費フローの検索. 依存関係検索タブが開き、現在のフローを消費するエンティティのリストが表示されます。