[依存関係を検索] タブ


前提条件
  • Architect > ; 依存関係の追跡 > ; 見る 許可

Architectの[依存関係検索]タブを使用して、特定の依存関係を持つフローを検索します。フローの[リソース]> ; [依存関係]領域の[使用状況]ダイアログボックス依存リソースがフロー内で使用されている場所または場所の数を指定すると、[Dependency Search]タブに特定のリソースを含むフローが一覧表示されます。

注意依存Searchはチェックインおよび公開されたフローにのみ適用されます。検索結果には、作業用フロー、または保存されているがチェックインまたは公開されていないフローは含まれません。

 たとえば、以下のすべての公開フローを検索して見つけることができます。

  • マーケティングキューへの転送
  • Salesforce URLスクリーンポップを使用する
  • 特定のエージェントへの転送
  • カナダのフランス語をサポート
  • ユーザープロンプトWelcomeにアクセスします。

Architectのホームページから、 依存関係検索。 依存関係検索ページには、以下のフィールドと列があります。

説明

検索リスト

リソースに表示されているユーザー入力の参照名。

基準名フィールド

このリストの最後にある矢印をクリックして、見つけたいリソースを選択します。次のようなタイプがあります:


  • ACD スキル
  • Bridge アクション
  • 連絡先リスト
  • データ アクション
  • データ テーブル
  • 緊急グループ
  • フロー結果
  • グループ
  • キュー内のコール フロー
  • 着信コールフロー
  • 言語、言語スキル
  • Lex ボット
  • アウトバウンド コール フロー
  • キュー
  • 応答
  • スケジュール
  • スケジュール グループ
  • スクリプト
  • セキュアなコール フロー
  • セキュアなデータ アクション
  • システム プロンプト
  • ユーザー
  • ユーザー プロンプト
  • ラップアップ コード
  • 依存名
  • 欠けている依存関係
  • 音声エンジンへのテキストと割り当てられた音声


名前欄

リソースが使用されているフローの名前。各フローは、リンクで表されます。リンクをクリックしてフローを開きます。

入力列

リソースが使用されているフローのタイプ。例:インバウンド コールフロー、アウトバウンド コールフロー、キュー内コールフロー

バージョン欄

以下を含む、リソースを含むフローのバージョンに関する詳細。

  • バージョン番号
  • 表示されているバージョンが最新バージョンかどうか
  • フローの公開または削除されたステータス

バージョン番号の上にカーソルを合わせると、リソースの最も早いまたは最新の一致、リストされた最新バージョンが公開されていない場合は公開されたバージョン番号など、フローに関する詳細が表示されます。バージョン番号をクリックして[Available Versions]ダイアログボックスを開きます。

利用可能なバージョンダイアログ

依存関係検索ページからフローのバージョン番号をクリックすると開きます。バージョンに検索条件が含まれている場合は、単語 一致 バージョン番号の横にが表示されます。

注意:Architectは 一致 検索されたリソースを含むチェックインフローまたはパブリッシュフローのインジケータフローの最新バージョンが現在、編集または保存状態で、まだチェックインも公開もされていない場合、フローに目的のリソースが含まれていてもこれは完全な一致とは見なされません。

このダイアログでは、次のことができます。

  • 任意のバージョンのフローを開く
  • 現在公開されているバージョンを非公開にする 

説明列

フロー作成者がフローをさらに説明するための短い文またはフレーズを含んでいた場合は、その説明がここに表示されます。