コール フロー内のアクション


Architectは、ロードマップの構築やコールフローの動作の定義に役立つアクションコンポーネントを提供します。この道路地図は、呼び出しの処理方法を指示時間から彼らは呼び出しが終了するまで流れを入力します。コールフローは、メニューの再生、内線への通話の転送、情報の入力を求めるプロンプトの表示、発信者の入力に基づいた通話の転送、別のIVRへの通話の転送、メッセージの再生などの動作をサポートできます。

これらのアクションは、コールフローのArchitectツールボックスから利用できます。 Architectのタスクエディタで利用可能なアクションの詳細については、 タスクエディタのアクションの概要。コールフローで使用可能なアクションに慣れるために、次のページを確認してください。

アイコン カテゴリ アクション 説明
内線番号でダイアル 内線番号でダイアル 発信者が特定の内線番号にダイヤルして転送できるようにする機能を設定します。
メニュー メニュー 開始メニューまたはメインメニューにサブメニューを作成します。
メニューにジャンプ 発信者に直ちに指定されたメニューに転送するオプションを与えます。
[前へ] メニュー 発信者に前のメニューに転送するオプションを与えます。
[繰り返し] メニュー 現在のメニューをもう一度聞くオプションを発信者に与えます。
仕事 仕事 プロセスの関連ステップをまとめて呼び出しフロールーチンを作成します。
再利用可能なタスクにジャンプ 再利用可能タスク領域で以前に構成した完全なタスクを挿入します。
転送 ACD に転送 ACDへの転送アクションを使用して、発信者をキューイングシステムに転送します。
ユーザーに転送 発信者をPureCloudユーザーに直接転送します。
番号に転送 発信者を外線番号に転送します。
グループに転送 発信者をPureCloudグループに直接転送します。
フローに転送 発信者を別のコールフローに転送します。
セキュアなフローに転送 安全な通話フローに発信者を転送します。
ボイスメールに転送 ツールボックスから[ボイスメールに転送]アクションを使用して、発信者をPureCloudユーザーのボイスメールに転送します。
切断 切断 すぐに電話を切ってメニューシステムを終了するための適切な方法を発信者に提供します。