タスクまたは状態に言語設定アクションを追加する


言語設定アクションを使用する に 発信者がプロンプトの聞き取りまたはプロンプトテキストの表示に使用する言語を選択できるようにします。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを選択して、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 フロー カテゴリをドラッグして 言語を設定 タスクまたは状態ワークフロー内の優先場所へのアクション。
  5. の中に  ボックス、 アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクまたは状態ワークフローの言語設定アクションの名前になります。
  6. クリック 言語 音声を変更する言語をリストして選択します。
    注意:コールフローでは、この変更はタスクの終了後に有効になります。メッセージフローまたはEメールフローでは、言語はただちに有効になり、このフローインスタンスにのみ適用されます。
  7. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。