言語のアクションを設定します。


フローカテゴリで利用可能 タスクまたは状態エディタのツールボックスのこのアクション 発信者がプロンプトの聞き取りまたはプロンプトテキストの表示に使用する言語を選択できるようにします。このアクションはタスクと状態のワークフローでのみ利用可能です。

説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。ここに入力するラベルはフロー構造に表示されるアクションの名前になります。
言語

このリストの最後にある矢印をクリックして、希望の言語を選択するか、言語または言語コードを入力します。

  • チャット、メッセージ、または電子メールのフローでは、入力することもできます 表現 または、クリックしてメッセージビルダーメニューを開き、他の式作成オプションから選択します。 
  • コールフローでは、言語の変更はタスクの終了後に有効になります。メッセージフローまたはEメールフローでは、言語はただちに有効になり、このフローインスタンスにのみ適用されます。