Genesys Cloud for Salesforceインテグレーションは、Salesforce内のGenesys Cloudコンタクトセンターサービスのバージョンです。

警告:  Genesys Cloudの組み込みクライアント(Genesys Cloud for Salesforce, Genesys Cloud for Zendesk, Genesys Cloud for Microsoft Teams, Genesys Cloud for Chrome, Genesys Cloud for Firefox, Genesys Cloud Embeddable Framework)の異なるバージョンを同時に実行しないことです。 そうでない場合は、インタラクションログやWebRTCフォンなどの機能で異常な動作が発生することになります。

 メモ:   Salesforce は、Chrome でサードパーティ Cookie を段階的に廃止するという Google の決定が、2024 年 1 月から Open CTI の機能に影響を与える可能性があると発表しました。 ジェネシスはこの問題を認識しており、この変更の影響を軽減するための解決策に積極的に取り組んでいます。 Genesys Cloud for Salesforce CTI 統合を使用しているお客様は、この変更による悪影響を受けません。 サードパーティCookieに対するGenesys Cloudのソリューションの詳細については、次を参照してください。 Genesys Cloud組み込みクライアント向けのサードパーティCookieの代替

概要

Salesforce統合用Genesys Cloudでは、各ユーザーコンピュータにインストールするものや、サーバーでメンテナンスやバックアップを行うものはありません。


Salesforceの経験

Salesforce向けGenesys Cloudは、Service Cloud、Lightning Experience、Salesforce Omni-Channel、およびHigh Velocity Salesと連携します。


はじめに(管理)

まず、Genesys Cloudの要件を確認し、適切なライセンスを購入します。 それから統合をインストールし、さまざまな設定を構成します。


高度なセットアップ(カスタマイズ)


高度なセットアップ(拡張性)

管理者はカスタム開発を通じて統合を拡張できます。


キャンペーン管理

Salesforce用Genesys Cloudは、Genesys Cloudを使用して、Salesforceでアウトバウンドのダイヤルキャンペーンを実行し、キャンペーンアクティビティを表示し、キャンペーンとキャンペーンメンバーデータを調整できます。


Salesforceメールの配信

Genesys Cloud for Salesforceは、ユーザーが電子メールからケースへ機能を介して受信するSalesforce電子メールをルーティングできます。


Salesforceメールの配信


開始する (エージェント)

統合がインストールされたら、ログインしてクライアントの使用を開始します。


クライアントインターフェース

クライアントからは、メニューにアクセスして自分のステータスと電話番号を変更できます。 このメニューでは、アクティブなインタラクションの操作、電話のかけ方、設定の変更などの一般的なタスクを素早く実行できます。


通話コントロールと基本的なインタラクション タスク


CRM 機能性

作業方法に影響するCRM 機能性を確認します。


クライアント設定可能な機能性

何を学び機能性とあなたがコントロールまたはクライアントで設定することができます。


通話履歴とユーザー受信トレイ通知

クライアントのユーザー受信ボックスからさまざまなアイテムに関する通話履歴と通知をすばやく表示します。 通知により、Genesys Cloudで注意が必要なタスクと情報が通知されます。


視覚的関与

顧客のコンピューター画面を表示したり、Webブラウザーと対話したりできるビジュアルエンゲージメントツールを使用して、顧客との対話を改善します。


サポートされているGenesys Cloudインタラクション タイプ

Salesforce用Genesys Cloudは現在、コール、コールバック、アウトバウンドダイヤル、チャット、電子メール、メッセージ、およびACDボイスメールのやり取りをサポートしています。 より充実した機能を得るには、クライアントと一緒にGenesys Cloudを実行します。


トラブルシューティング

Salesforce用Genesys Cloudに関する問題については、個々の問題のトラブルシューティング情報を参照してください。 カスタマーケアを使用する前に、サーバーサイドのログ記録を有効にしてください。