複数のGenesys CloudおよびSalesforce組織の実行に関する特別な考慮事項

注意:この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

Salesforce用Genesys Cloudを実行するには、Genesys Cloud組織が必要です。Salesforce用Genesys Cloudは、認証にGenesys Cloudを使用します。SalesforceのGenesys Cloudにログインすると、統合によってGenesys Cloudの資格情報を入力するように求められます。Genesys Cloud for Salesforceを実行するには、Genesys Cloudを開く必要はありません。Genesys Cloud for Salesforce自体、またはGenesys Cloudのより充実した機能にアクセスするための並列アプリケーションとしてGenesys Cloudを実行できます。

また、Genesys Cloud組織とSalesforce組織を一緒に使うこともできます。以下の表に、制限事項や特別な考慮事項を示します。

Genesys Cloud組織数 Salesforce組織数 制限 メモ
1 1 なし
1 倍数 なし

 

倍数 1

キャンペーン管理、Salesforce電子メールのルーティング、SDK機能

組織とクライアントの両方に使用される地域ドメインが一致する必要があります。

詳細については、以下を参照してください。 複数のGenesys Cloud組織.

複数のGenesys Cloud組織

単一のSalesforce組織で複数のGenesys Cloud組織を使用できます。

この特定のSalesforceインスタンスのGenesys Cloudで使用するGenesys Cloud資格情報を使用して、Salesforce用Genesys Cloudにログインします。

Salesforce API用Genesys Cloud

ただし、Genesys Cloud OAuthクライアントを使用してSalesforce API用のGenesys Cloudにアクセスする場合は、 できません 1つのSalesforce組織で複数のGenesys Cloud組織を使用します。Genesys Cloud OAuthクライアントを使用するには、Genesys CloudとGenesys Cloud for Salesforceの間に1対1の関係が必要です。

Salesforce API用Genesys Cloudにアクセスするアイテム:

  • キャンペーン管理の統合
  • Salesforce電子メール統合のルーティング
  • Salesforce SDK用Genesys Cloud

APIにアクセスするこれらのアイテムは、Genesys Cloud組織からSalesforceクライアント用のGenesys Cloudを持つSalesforce組織にデータを取得します。詳細については、以下を参照してください。 Salesforce向けGenesys Cloudのキャンペーン管理について, Salesforce向けGenesys CloudにおけるSalesforce電子メールのルーティングについて、および Salesforce向けGenesys CloudのSDK.

Salesforce電子メールのルーティングで考えられる回避策の1つは、Architect電子メールフローを使用して電子メールのやり取りをトリアージし、別のGenesys Cloud組織に配布することです。詳細については、以下を参照してください。 Architect について.

異なる地域

1つのSalesforce組織で、異なる地域に複数のGenesys Cloud組織を持つことができます。

Salesforce用Genesys Cloudの定義ファイルを変更して、異なる地域ドメインを使用します。たとえば、アジア太平洋(東京)のGenesys Cloud地域にあるGenesys Cloud組織を使用する場合、 CTIアダプタのURLhttps://apps。mypurecloud.com.jp. 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud組織の領域を変更する

ユーザーがSalesforce用Genesys Cloudにログインする場合、その特定の地域にあるGenesys Cloud組織のGenesys Cloud認証情報を使用してログインする必要があります。

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.