管理者およびコンタクトセンター管理者は、顧客が入力として提供する情報を理解し、処理できる自然言語理解(NLU)エンジンを使用して、Architect でボットフローを作成できます。 アクションをドラッグ アンド ドロップして、NLU とともにボットを構築します。

 メモ:   PCI DSS 準拠の機能は何ですか? ベストプラクティスでは、Architectの安全なコールフローでそれらを使用しないことをお勧めします。 詳細については、 PCI DSSコンプライアンス

Architect の Bot フローに慣れるには、次のページを参照してください。

ページ 説明
Genesys Digital Bot Flows

Architectを使ってデジタルボットを構築し、メッセージフローで使用する方法を説明・実演している記事を検索してください。

Architect のバージョン情報

Architect の機能を確認し、Architect を使用してフローを構築する方法を学習します。

ボットについて

作成方法を学ぶ Architect インタラクション フローで使用する Bot 統合。

Bot フローの作成

Bot フローの作成方法を学びます。

自然言語理解メニュー このメニューにより、ボットのインテント、スロット、スロットタイプ、ナレッジに素早くアクセスし、分析、設定することができ、カスタマージャーニーを向上させることができます。
インサイトと最適化」メニュー 統一されたワークスペース内で、パフォーマンスを効率的に測定し、強化の機会を特定することができます。
ボット フローのユーザー入力の設定 [ユーザー入力] メニューでは、通話者の一致や入力を確認できない場合のボットの動作を設定できます。
フローのデータ リソースを管理 変数の編集および使用状況の表示に加えて、フローの変数を追加およびフィルターできます。
表現ヘルプ機能 Bot フロー タスク式を作成する際に役立つ組み込み式リソースにアクセスする方法を学びます。
式を使う 式を使用して、変数と演算子を選択して、洗練された複雑なフロー計算を作成します。
Architect 組み込み変数 Architect の読み取り専用の Bot フローの組み込み変数のリストを参照してください。
変数を管理する 変数の値を編集します。

この表は、Bot フローに実装できる Architect アクションについて説明しています。 ボットフローを構築した後、デジタルボットフローの呼び出しアクション を使用して、音声、チャット、メッセージフローから呼び出すことができます。

アイコン 分類 アクション 説明
要求

「はい/いいえ」を尋ねる

フォローアップの意図を選択して、ユーザーが会話を進める際の指針とします。

スロットの要求

発信者やチャットの受信者が発話で言及しているスロットを特定します。

デジタルメニュー

お客様にガイダンスなどの選択肢を提供する。

入力待ち

ボットがお客様の入力を待つようにする。
Communicate

Communicate

一方向のコミュニケーションを通じて顧客とやり取りする。 

ナレッジ記事を表示

Natural Language Understanding >Knowledge で設定した知識ベースから、このフロー用の知識記事を選択します。
データ ナレッジフィードバックを送信 ボットが記事を提示した後、顧客からのフィードバックを収集します。ナレッジ記事を表示アクション
コール データ Genesys Cloudにおけるデフォルトまたはカスタムのデータアクション統合から、顧客に関する情報を取得します。
セキュアなデータ アクションの呼び出し 安全なボットフロータスクでは、このアクションを使用して、データアクションデータベースから機密性の高い値を呼び出します。
データ テーブルの検索 Genesys Cloudデータテーブルに保存されたデータを取得します。
セキュアなデータを抽出 セキュアなボットフローにおいて、セキュアなデータを同じタイプの非セキュアな変数にコピーする場合に使用するアクションです。 
応答の取得 定義済みを選択 応答 Canned Responsesライブラリから、それをインバウンドメッセージフローに追加します。
データの更新 値をフローまたはタスク レベル変数にアサインします。
切断 切断

ボットフローのインタラクションを終了します。

終了 Bot フロー

ボットフローを終了する別の方法。

外部の連絡先 外部連絡先の取得 R既存の外部連絡先に関する情報を検索します。
外部組織の取得 特定の組織を検索するには外部組織の取得アクションを、特定の個人を見つけるには外部連絡先の取得アクションを使用します。
検索 言語スキルの検索 CallDataアクションやデータテーブルなどのデータディップからのソースグループデータ。 次に、その情報を ACDアクションに転送 それは適切なキューに対話を送信します。
緊急グループの検索 IVR実行時に、名前に基づいた緊急グループを動的に見つけることができます。 詳しくは、緊急事態 をご覧ください。
キューの検索 IVR実行時にその文字列名に基づいてキューを見つけます。 このアクションを使用して、データアクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得します。 
ID 別キューの検索 ユーザを動的に参照し、IVRの実行時に文字列名に基づいてそのユーザを見つけます。
スケジュールの検索 IVR実行時にスケジュール名から動的にスケジュールを検索することができます。 Genesys Cloudでのスケジュール作成の詳細については、Schedules を参照してください。
スケジュール グループの検索 DIVR 実行時に名前からスケジュールグループを動的に検索します。 詳しくは、Schedule Groups を参照してください。
スキルの検索 IVR ランタイムでその文字列名に基づいてACD スキルを検索します。 このアクションを使用して、データ呼び出しアクションやデータテーブルなどのデータディップからスキルデータを取得します。 次に、その情報を ACDアクションに転送 それは適切なキューに対話を送信します。
システム プロンプトの検索 Architectシステムプロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ユーザーの検索 IVRランタイムで電子メールアドレスに基づいてGenesys Cloudユーザーを検索します。 
ID 別ユーザーの検索 ユーザを動的に参照し、IVRの実行時に文字列名に基づいてそのユーザを見つけます。
ユーザー プロンプトの検索 Architectユーザープロンプトを名前で検索し、実行時にどのプロンプトを動的に再生するかを決定します。
ID 別複数ユーザーの検索 Genesys Cloudユーザーを動的に参照し、IVRランタイムで文字列に基づいて検索します。
使用状況ラベルの検索 IVR 実行時に名前に基づいて使用率ラベルを動的に検索します。
フロー フロー マイルストーンの追加 フローマイルストーンを追加して、フロー結果のより詳細なレポートを生成します。 フローマイルストーンへのアクセスは、カスタマージャーニーに関するレポートの作成に役立ちます。
スロットのクリア クリアするスロットを選択します。
明確な使用ラベル インタラクションから使用率ラベルを削除します。
フロー アウトカムの初期化 Architectがフロー内で追跡を開始するフロー結果を選択します。
フロー アウトカムの設定 インタラクションがフローの特定のポイントに到達したときにシステムが成功または失敗として追跡する潜在的な結果を定義します。
言語の設定 発信者がプロンプトを聞く、またはプロンプト テキストを表示するための優先言語を選択できるようにします。
使用状況ラベルの設定 使用率ラベルをインタラクションに動的に適用します。
論理 判定 条件が真かどうかに応じて、プロセスの分岐を指示します。
スケジュールの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールとスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのグループアクション。
スケジュール グループの評価 このアクションを使う とともに スケジュールを評価する 以前に定義されたスケジュールおよびスケジュールグループに基づいてルーティングを決定するためのアクション。
切り替え このアクションは決定アクションに似ており、複数のケースを評価するタイミングを設定するのは簡単です。 切り替えアクションを構成して、アーキテクトの動作、実行時期、および状況を指定します。
ループ ループ デザインの次のアクションに進む前に、プロセスに一連のアクションを繰り返すよう指示します。
ループ期限  プロセスが一連のアクションを繰り返し、特定の基準を満たした後のアクションの出口条件を含めます。
次のループ ループの反復中にフローが誤った結果に遭遇し、それを次の反復に続けたい場合は、Next Loopアクションを使用します。
ループを終了 このアクションをループアクション内で使用します。 これを使用して現在のループを終了および終了し、次のアクションに移動してフローの実行を続行します。
タスク タスク このアクションを使用して、複雑なIVRオプションを構築します。たとえば、プロセスの関連ステップをグループ化し、フロールーチンを作成します。
再利用可能なタスクにジャンプ [再応答可能なタスク] 領域に設定済みの完了タスクを挿入します。 
タスクの呼び出し 別のタスクを呼び出してください。 呼び出されたタスクが完了すると、構成された出力パスによってフロー実行の継続方法が決まります。
転送  ACD に転送 発信者をキュー システムに転送します。