2016年10月5日

プラットフォーム

開発者フォーラム

新しいGenesys Cloud Developer Forumは、サードパーティ開発者がGenesys Cloud Platform APIの使用に関する質問やトピックを議論できる、インタラクティブで協力的な環境です。 Interactive Intelligence開発者はフォーラムを監視し、APIユーザーとの対話に参加します。 フォーラムは、APIを使用している顧客およびパートナーを支援する最初の行です。 詳細および参加方法については、以下を参照してください。Genesysクラウド開発者フォーラム開発者センターで

デベロッパーセンターのサンプルコードとAPI呼び出しのチュートリアル

新しいコードサンプルとチュートリアルは、開発者がGenesys Cloud APIを使用して作業を開始できるように、複数の開発言語で使用できます。 詳細については、 チュートリアル 開発者センターで。

JavaScript、Python、Ruby、およびC#用のSDK

新しいSDKは、Genesys Cloudとの統合を簡素化するために利用できます。 PureCloud APIをRESTレベルで直接操作することが躊躇される場合、RESTレベルのAPIをラップしたSDK (クライアントライブラリ) を通して非常に簡単にプログラミング可能となります。 詳細については、Developer Center内の Software Development Kit (SDK) をご覧下さい。

Communicate

電話設定の一括インポート

管理者はインポート機能を使用して、電話構成をGenesys Cloudに一括インポートできるようになりました。 詳細については、 Import phones をご覧下さい。  

Contact Center

ダッシュボード、キュー、およびエージェントビューの権限

管理者は、ダッシュボードビュー、キュービュー、およびエージェントビューを表示できるように、ユーザーに新しい権限を割り当てることができます。 詳細については、 製品、役割、および許可リスト

応答および自動呼分配(ACD) EメールでのHTMLフォーマットのサポート

新しいツールバーを使用すると、管理者は、既定の応答に HTML 書式を追加できます。 詳細は Format canned responses を参照下さい。

エージェントは応答とACD Eメールを送信するときにHTMLフォーマットを追加することもできます。 詳細については、 Eメールのやりとりを扱う

安全な一時停止ボタン

コール制御インターフェイスの新しい [Secure Pause] ボタンを使用すると、適切なアクセス許可を持つエージェントは、発信者または連絡先が機密情報を入力している間に、手動で通話記録を一時停止できます。 詳細については、Work with voice interactions をご覧下さい。

安全な一時停止をスクリプトアクションとして使用する組織では、エージェントはスクリプトボタンまたは新しい通話制御ボタンを使用できます。

Architectでのオランダ語とヨーロッパスペイン語のサポート

IVRフロー設計ツールArchitectに関する機能拡張です。IVRプロンプトのコア部分に関して、オランダ語(nl-NL)及びスペイン向けスペイン語のサポートを開始しました。  コアサポートには、ブール値、日時値、数値、期間、および文字列データ型のプロンプトの録音が含まれます。 さらに将来のリリースアップデートにおいては、序数や時刻への対応等もプロンプトに追加で盛り込む予定です。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語.

サードパーティーコールリストクレンジングサービス

Genesys Cloudアウトバウンドダイヤルにより、サードパーティのWebサービスに対する電話番号のスクラビングが可能になりました。Gryphon NetworksとContact Center Compliance Corporationが、通話禁止番号を通話リストから除外します。詳細については、以下を参照してください。 リストビューを呼び出さない. 詳細については、 通話リストビューを呼び出さない.

無応答タイムアウトキャンペーンの設定

新しいアウトバウンドダイヤルキャンペーン設定を使用すると、管理者は、システムが電話を切る前に、呼び出し中の状態(接続も応答もなし)を維持できる時間を指定できます。 このしきい値は、すべてのキャンペーン単位で設定可能 ダイヤルモード プレビューを除く。 詳細については、 新しいキャンペーンを作成する

リアルタイムスケジュール順守

この機能により、エージェントはリアルタイムのスケジュール順守を確認でき、スーパーバイザはエージェントの順守を確認できます。 詳細については、 リアルタイム遵守の概要

管理単位あたりの最大エージェント数

1つの管理単位で許可されるエージェントの最大数は、以前は250でしたが、現在は500です。 詳細については、 要員管理サポート構成