2022年11月2日

Communicate

アウトバウンドルートの変更に伴う国際番号プラン

Genesysは、新しいサイトのアウトバウンドルートとして国際番号プランを自動的にセットアップしなくなりました。 この変更により、不正行為の可能性を低減することができます。 管理者は、国際電話をかける発信経路のために、国際番号プランを追加して使用することはできます。 管理者は、往路の国際番号プランが不要な場合は、削除してください。 詳しくは、国際電話番号プランでの作業をご覧ください。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

Genesys Cloud デジタルライセンスのご紹介

Genesys Cloudは、デジタルカスタマーコミュニケーションのための新しいデジタルライセンスパッケージ「Genesys Cloud CX 2 Digital」と「Genesys Cloud CX 3 Digital」の2つを提供します。 デジタルパッケージは、デジタルライセンスに音声が含まれないことを除き、通常のGenesys Cloud CXパッケージと同様です。 デジタルパッケージを利用すれば、代理店はウェブメッセージ、Facebookメッセンジャー、WhatsApp、SMS、Eメールを通じてコンタクトしてきたお客様とコミュニケーションをとることができます。 デジタルライセンスには、CXデジタルエージェントワークスペースへのアクセスも含まれます。これは、デジタルインタラクションに最適化されたエージェントワークスペースで、エージェントが会話中にコンタクトの旅程とプロファイルを調べられるようにするものです。 詳しくは、Genesys Cloud CX 2 DigitalおよびGenesys Cloud CX 3 Digitalのライセンスについて をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2 Digital」または「Genesys Cloud CX 3 Digital」。

エージェントレスの電子メール通知

組織は、エージェントの関与なしに自動でメールを送信できるようになりました。 管理者は、バックエンドシステムから、例えば、データアクションを使用するアーキテクトフローや、データアクションを使用するエージェントスクリプトから、電子メールをルーティングするように構成することができます。 組織は、自動送信メールを利用して、発送案内や予約のリマインダーなどの通知を送ることができます。 この機能を使用するには、現在Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3の組織は、Appfoundryでエージェントレスメールを有効にする必要があります。 詳しくは、エージェントレスの電子メール通知を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3。

アウトバウンドメールキャンペーン

アウトバウンドの管理者は、Genesys Cloudでメールキャンペーンを作成、設定、実行できるようになりました。 管理者は、送信メールキャンペーンのテンプレートを使用して、送信デジタルキャンペーンの定型応答でパーソナライズされたメッセージコンテンツを作成することができます。 この機能を使用するには、現在Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3の組織は、Appfoundryで送信メールキャンペーンを有効にする必要があります。 詳しくは、メールキャンペーンの作成メールキャンペーンのテンプレートメッセージの追加 をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3。

送信メールキャンペーンの配信状況レシート

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、「インタラクション」ビューを使用して、メールキャンペーンの代理として、またはエージェントレスメールAPIを通じて送信されたメールの配信状況を確認することができるようになりました。 詳細については、 インタラクションビューをご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3。

送信メールキャンペーンのタイムゾーン管理

アウトバウンドの管理者が、メールキャンペーンに設定する連絡可能な時間帯を選択できるようになりました。 連絡可能時間には、標準タイムゾーン名と連絡先にメールを送信するのに最適な時間が設定されています。 詳しくは、メールキャンペーンの作成 およびコンタクト可能な時間帯セットの概要をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2またはGenesys Cloud CX 3。

カスタムSMTP統合のメールサイズ制限の引き上げ

エージェントは、カスタムSMTP統合により、Base-64エンコーディング後に最大40MBのデータで電子メールと添付ファイルを送信できるようになりました 。 詳しくは、メールメッセージにファイルを添付する をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 2、またはGenesys Cloud CX 3。

コンテンツ検索ビューに新しいフィルターとカラムが追加されました。

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、コンテンツ検索ビューで、送信元、送信先、会話IDのフィルターを使用して、デジタルインタラクションの検索とフィルターができるようになりました。 また、宛先、送信元、件名の各列でデータを表示することができるようになりました。 詳しくは、コンテンツ検索ビュー をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1 WEM Add-on II、Genesys Cloud CX 2 WEM Add-on I、またはGenesys Cloud CX 3。

AudioHookの課金はアクティブ使用時のみ

Genesysは、AudioHookストリーミングセッションのアクティブな部分のみに対して課金するようになりました。 この改善により、音声転写中の一時停止、お客様によるAudioHookサーバーからの一時停止、AudioHookストリーミングサーバーが無効になっている場合など、AudioHookストリーミング中の一時停止に対する課金が発生しないようになりました。 従来、Genesysは、ストリーミングのポーズを含む通話時間全体に対してお客様に課金していました。 詳しくは、AudioHook Monitorの価格 をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 1、Genesys Cloud CX 2、またはGenesys Cloud CX 3。

パフォーマンススコアカードの外部指標の累積アップロード

パフォーマンス管理者は、外部指標の累積アップロードを選択して実行できるようになりました。 累積アップロードにより、管理者はCSAT(カスタマー満足度)、日次売上、初回コンタクト解決率、生成リード数などの外部データを1日中取得し、エージェントのパフォーマンススコアカードに追加することができます。 詳細については、パフォーマンススコアカードの外部メトリックを構成する および POST を参照してください。
/api/v2/employeeperformance/externalmetrics/data API inGamification APIs. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud CX 2 WEM Add-on I、Genesys Cloud CX 3、Genesys Cloud EX、Genesys Cloud CX 1 WEM Add-onII。

機能の廃止とお知らせ

録画サービスのローカルキー設定用APIエンドポイント変更

2023年2月1日、GenesysはレコーディングAPIにおけるローカルキー管理のためのレガシーエンドポイントを削除する予定です。 2022年4月にリリースされた録画用暗号化機能「Bring your own keys」の一部として、異なる暗号化タイプの鍵設定用の統一エンドポイントがレガシーエンドポイントに置き換わりました。 詳しくは、録画サービスのローカルキー設定のためのAPIエンドポイント変更をご覧ください。この機能には、ユーザーによる制限やアクセスに必要なユーザーはありません。

クラウドメディアサービス拡張のためのCIDR IPアドレス範囲

2022年10月19日、ジェネシスは、Genesys Cloudメディアサービスで使用するCIDR IPアドレス範囲の追加購入を発表しました。 これらの新しいアドレスは、2023年1月18日に有効になります。 この変更は、Genesys Cloud VoiceまたはBYOC Cloudを使用し、特定のIP範囲からのトラフィックのみを許可し、Genesys Cloudクライアント、電話、Edgeデバイスからの送信接続を制限するファイアウォールポリシーを設定している組織に影響します。 この拡張に備える方法の詳細については、クラウドメディアサービスにおけるCIDR IPアドレス範囲の拡大 をご覧ください。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

 メモ:  
  • Genesys Cloudは、地域ごとに水曜日中にリリースされる機能を有効にします。 翌営業日までにカスタマーの組織で有効になった機能が表示されない場合は、リリースノートと関連文書に記載されている必要なサブスクリプションと権限を確認してください。 サブスクリプションとパーミッションを確認しても問題が発生する場合は、カスタマーケア までご連絡ください。
  • 一部の機能では、連携アドオンが必要な場合があります。