2022年9月14日

Collaborate

ビデオチャット参加者通知

Genesys Cloudは、参加者がビデオチャットに参加したときと退出したときに通知を表示するようになりました。 ビデオチャットの参加者が変わったときに、チャット名簿を更新する機能です。 詳細については、 ビデオチャットを始めるをご覧ください。この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Collaborate

Contact Center

ナレッジパフォーマンスダッシュボードのご紹介

ナレッジ・パフォーマンス・ダッシュボードでは、ボットやエージェントとのやり取り、セルフサービスによる情報取得の効率性など、組織のウェブサイトにおけるカスタマー活動の概要を管理者に提供します。 詳しくは、Knowledge Performance dashboard [Draft] をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

代理店向けマイインタラクションビュー

エージェントは、新しいMy Interactionsビューを使用して、接続に成功したインタラクションのみを見ることができるようになりました。 このビューでは、エージェントは他のインタラクションを見ることなく、自分のインタラクションと関連するメトリクスを見ることができます。 詳しくは、マイインタラクションビュー をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Genesys Messengerの会話自動開始

管理者は、Webメッセージングを有効にすることで、カスタマーが会話を始めるのを待たずに、フローやボットからカスタマーへのアウトバウンド・グリーティング・メッセージをプロアクティブに送信できるようになりました。 この機能により、カスタマーはGenesys Messengerを展開し、送信メッセージを受信し、自動的に会話を続けることができます。 詳しくは、Configure Messenger をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

PredictiveEngagementのアクションマップのオーディエンスサイズ推定

予測エンゲージメント管理者は、結果確率の閾値に基づいてアクションマップの対象となる視聴者サイズの推定値を表示できるようになりました 。 管理者は、視聴者ターゲットの絞り込みや拡張、スタッフの必要性を確認するために、この推定値を利用することができます。 詳細については、アクションマップのトリガーを定義するを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

実装前に正規表現のスロットタイプをテストする

ボット作成者がボットフローを公開する前に、正規表現スロットタイプを作成する際に、正規表現をテストすることができるようになりました。 Genesys ダイアログ エンジン ボット フローとGenesys デジタル ボット フロー の発話テストフィールドでは、ボットの作者がサンプル発話を作成し、発話をテストし、発話テキストにマッチするものをハイライトする正規表現を作成することができます。 この機能により、サードパーティツールを使用して式を作成・テストする必要がなくなり、また、ボットフローでこれらの式をどのように使用するのが最適かについてのインサイトも提供されます。 詳細については、正規表現スロットタイプのテスト およびボットフローでカスタム正規表現スロットタイプを使用する を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

アーキテクトセキュアフローにおけるNuance Mixの統合

Nuance Mixの統合は、PCI DDSに準拠し、アーキテクトのセキュアフローで使用できるようになりました。 管理者はこの統合を利用して、アーキテクトのセキュアフローでNuance Mixボットを呼び出すことができます。 詳細については、Amazon Lexの統合についてを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Amazon Lex V2ボットをアーキテクトのセキュアフローに搭載

Amazon Lex V2との連携がPCI DDSに対応し、アーキテクトのセキュアフローで利用できるようになりました。 管理者は、この統合を利用して、アーキテクトのセキュアフローでAmazon Lex V2ボットを呼び出すことができます。 詳細については、Amazon Lexの統合についてをご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Google Cloud Dialogflow CXボットをアーキテクトセキュアフローに搭載

Google Cloud Dialogflow CXの統合がPCI DDSに対応し、アーキテクトセキュアフローで利用できるようになりました。 管理者は、この統合を利用して、アーキテクトのセキュアフローでGoogle Cloud Dialogflow CXのボットを呼び出すことができます。 詳細については、Google Dialogflow統合についてをご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

アーキテクトのセキュアフローにおけるNuance TTSの統合

ニュアンスの音声合成は、PCI DDSに準拠し、アーキテクトのセキュアフローで使用できるようになりました。 管理者はセキュアフローのTTS機能を使用して、選択した言語と音声で発信者にテキストを再生できます。 詳しくは、テキスト読み上げ(TTS)エンジンについて をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Genesys Enhanced TTS in Architect セキュアフロー

Genesys Enhanced Text-to-Speech エンジンが PCI DDS に準拠し、アーキテクトのセキュアフローで使用できるようになりました。 管理者はセキュアフローのTTS機能を使用して、選択した言語と音声で発信者にテキストを再生できます。 詳しくは、テキスト読み上げ(TTS)エンジンについて をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

988自殺ホットラインの番号プランがジェネシス・クラウドで利用可能

Genesys Cloudは、番号プランを変更していない組織に対して、自殺・危機管理ライフラインへの988のダイレクトダイヤルをサポートするようになりました。 この機能は、将来のリリースですべての組織が利用できるようになる予定です。 詳細については、自殺・クライシス・ライフライン「988」をジェネシス・クラウドでサポート をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Genesys Messengerのポルトガル語対応

Genesys Messengerのポルトガル語(pt-PT)への対応が完了しました。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

インテンションマイナーのフランス語対応

インテント マイナーがフランス語(fr-FR)とカナダフランス語(fr-CA)で利用可能になりました。 詳細については、Genesys Cloud対応言語を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

 メモ:  
  • Genesys Cloudは、地域ごとに水曜日中にリリースされる機能を有効にします。 翌営業日までにお客様の組織で有効になった機能が表示されない場合は、リリースノートと関連文書に記載されている必要なサブスクリプションと権限を確認してください。 サブスクリプションとパーミッションを確認しても問題が発生する場合は、カスタマーケア までご連絡ください。
  • 一部の機能では、連携アドオンが必要な場合があります。