2022年8月10日

Contact Center

開発・フィードバックモジュールをコピーする

コンタクトセンターのマネージャーやスーパーバイザーは、開発・フィードバックモジュールをコピーして、同様のモジュールのベースとして使用することができるようになりました。 この機能により、管理者は同一または類似の内容や評価を持つ複数の類似モジュールを迅速に作成することができます。 詳しくは、開発とフィードバックのモジュールをコピーする をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

Genesys Beyond モジュールの機能強化

Genesys Cloudは、Genesys Beyondの開発モジュールとフィードバックモジュールのルック&フィールをリフレッシュし、Genesysのブランディングとの整合性を図りました。 また、Genesys Beyondのモジュールには、Genesys Cloudプラットフォームの機能や管理作業に精通するためのスーパーバイザーモジュールが追加されました。 詳しくは、Genesys Beyond modules をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

Notification APIで送信されるトランスクリプトのレイテンシーを低減するための設定

管理者は、音声およびテキスト解析の設定で、トランスクリプトの通知イベントを受け取るまでの時間を短縮することを選択できるようになりました。 この機能により、Notification APIを通じて送信されるすべてのトランスクリプトのレイテンシーを最小限に抑えることができます。 詳細については、音声およびテキスト分析を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

Messenger Transport Mobile SDK

開発者と管理者は、Messenger Transport Mobile SDK を自組織のモバイルアプリケーション for iOS and Android にインポートすることができるようになりました。 この機能により、開発者はMessenger用のカスタムユーザーインターフェースを構築することができます。 Fまたは詳細については、Developer Center のConfigure MessengerDeploy Messenger 、およびMessenger Transport Mobile SDK を参照してください。 この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

会話データの暗号化には、セルフマネジメントのAWS Key Management Serviceを使用します。

お客様は、Genesys Cloudで会話データを暗号化するための暗号鍵を、お客様自身が管理するAWS Key Management Service(KMS)で提供することができるようになりました。 この機能により、Genesys Cloudで使用される参加者データのセキュリティが、お客様自身で管理できるレイヤーとして追加されます。 KMSを設定すると、フローやスクリプトの作成者は、新しいCustomer Secured Dataアクションを使用して機密データを管理することができます。 詳細については、Use AWS KMS symmetric key for conversations,Get Secured Data action,Set Secured Data action, and the Customer Secured Data section inManage script properties,Available script actions, andScript input and output variables をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。 

プラットフォーム

南アメリカ(サンパウロ)地域の展開

Genesysは現在、南米(サンパウロ)(sa-east-1)リージョンをGenesys Cloudの展開に含めています。 この地域へのサービス展開は、2022年8月10日から開始されます。 新しいGenesys Cloudのお客様は、メインサイトの所在地に最も近い地域を選択できます。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud導入のためのAWS地域. この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

廃止のお知らせ

Microsoft Edge レガシーブラウザのサポート終了について

2022年12月7日、GenesysはGenesys Cloud WebアプリのMicrosoft Edgeレガシーブラウザのサポートを終了します。詳しくは、Deprecationをご覧ください。 Microsoft Edge レガシーブラウザ対応. この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Webサイト訪問者数APIの変更

Genesys Cloudは、Predictive Engagementがお客様のウェブサイトへの訪問を追跡するために使用しているAPIの置き換えの発効日を、2022年8月17日に延期しました。 この変更により、変数sessionCountは変数visitCountに置き換わります。 詳細については、廃止予定: Webサイト訪問者数APIの変更。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

メモ: Genesys Cloudは、地域ごとに水曜日中にリリースされる機能を有効にします。 翌営業日までにカスタマーの組織で有効になった機能が表示されない場合は、リリースノートと関連文書に記載されている必要なサブスクリプションと権限を確認してください。 サブスクリプションとパーミッションを確認しても問題が発生する場合は、カスタマーケア までご連絡ください。