2017年09月20日


コンタクトセンター

Architectでの安全なコールフロー

管理者とコンタクトセンターの管理者は現在のオーディオパスとデータキャプチャをマスキングすることにより、機密情報へのアクセスを防止し、安全なコールフローを作成して、停止システムができレコーディング 。安全なコールフローを実装するには、プロフェッショナルサービスの支援が必要です。詳細については、 セキュアコールフローについて そして 専門サービスについて。この 機能が必要 EdgeおよびMedia Tierバージョン 1.0.0.6166以降。

Architectすべてのコールフロータイプに対する終了および次のループアクション

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、すべてのコール フローフロータイプと受信メールフローで次のループアクションと終了ループアクションを使用できるようになりました。 これらのアクションは、ループアクションの出力内で、次のループの反復にすぐに継続するか、現在のループを終了することにより、実行制御を提供します。詳細については、 次のループアクション そして ループ終了アクション。 

自動メール応答

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、自動メール返信を使用して、メールが受信されたことを顧客に知らせることができます。これらの事前定義された自動応答は、顧客との即時の連絡を確立し、期待を設定するのに役立ちます。詳細については、 定型回答について、 自動返信アクションを送信、そして 応答アクションを取得

定型化された応答の代替

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、顧客固有の値の置換(プレースホルダー)を使用して、定型応答をパーソナライズできるようになりました。エージェントは、顧客とのやり取りに返信するときにパーソナライズされた応答を使用して、より一貫したコミュニケーションを確保できます。管理者とコンタクトセンターマネージャーは、 Architectフロー内のパーソナライズされた応答を活用して、自動メール返信を送信することもできます。詳細については、 置換について そして エージェントとの対話中に定型応答を使用する

エージェントへのキューの一括追加

管理者は、1つのアクションで複数のキューを1つ以上のエージェントに追加し、1つのエージェントから多くのエージェントにキューをコピーできるようになりました。詳細については、 キューをエージェントに割り当てる

レポートとアラートでのコールバック

監督は今見ることができますコールバック メトリクス既存のレポートで新しいメディアの種類として。スーパーバイザーはコールバックアラートを作成することもできます。詳細については、 レポート、ビュー、ダッシュボードについて そして アラート管理について

人員管理スケジュール管理の機能強化

強化された人員管理スケジュールビューにより、スーパーバイザーは編集機能なしで公開されたスケジュールを表示し、頻繁に使用されるエージェントのセットのフィルターを保存し、最後の保存以降に変更されたエージェントのスケジュールのみを表示できます。詳細については、 要員管理の役割と権限 そして スケジュール内のパラメーターのフィルターと並べ替え

人員管理エクスポートの機能強化

拡張された人員管理エクスポート機能により、スーパーバイザーは時間外のリクエストをエクスポートし、エクスポートすることができます 管理ユニット内のエージェントのリスト、およびスケジュールをさまざまな形式でエクスポートします。詳細については、 タイムアウト要求のエクスポート、 管理ユニットでエージェントを管理する、そして 輸出スケジュール情報

統合

カスタムクライアントアプリケーションの統合

管理者は、カスタムクライアントを作成することができアプリケーションの統合サード実行するには相手内のアプリケーションPureCloud 。eMiteおよびnGUVUのカスタムクライアントアプリケーション統合が利用可能になりました。将来の統合 Survey Dynamix、Pure Insights、Quick Data、GM Voicesが含まれます。サード相手アプリケーションには追加のライセンスが必要です。詳細については、 カスタムクライアントアプリケーションの統合について

Webサービスデータアクション統合

新しいWeb サービス データアクションの統合により、管理者はPureCloudカスタムアクションを作成し、JSONベースのWebサービスとインターフェイスできます。あなたが現在使用している場合Web サービス データ上で動作するディップコネクタPureCloudブリッジサーバーを、として実行され、この新しい統合への切り替えを検討PureCloudサービス。 詳細については、 Web サービス データアクションの統合について そして データアクション統合の相互作用フローを移行する