2022年3月9日

Contact Center

Architect の組み込みボイスメールフローの紹介

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、Architectに組み込まれているボイスメールフローを使用できるようになりました。 この機能は、ユーザーがボイスメールを離れたり、追加のボイスメールサポートが必要な場合に、カスタマイズされたボイスメールとルーティング動作を提供します。 詳細については、ボイスメールフローを操作するArchitect についてを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

フローマイルストーンビューとフロー結果およびパフォーマンスビューの更新

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、新しいフローマイルストーン詳細ビューとフローマイルストーン間隔詳細ビューでフローマイルストーンデータを表示できます。 フローマイルストーンは、音声およびデジタルフローからレポートの詳細を出力するフロー内のポイントです。 さらに、フローの結果とパフォーマンスのビューに、フローのマイルストーンの列とフィルターが含まれるようになりました。 詳細については、フローマイルストーン詳細ビューフローマイルストーン間隔の詳細ビューフロー結果の概要ビューフロー結果の詳細ビューフロー結果間隔詳細ビューフローパフォーマンスの概要ビュー、 と フローパフォーマンス詳細ビューを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

スケジュールされたコールバックビューの改善

[スケジュールされたコールバック]ビューに、言語、キャンペーン部門、およびキュー部門の列が含まれるようになりました。 [言語]列は、コールバックのルーティングサービスによって設定された言語を示します。 [キャンペーン部門]列には、コールバックに関連付けられたキャンペーン部門名が含まれています。 [キュー分割]列には、コールバックに関連付けられたキュー分割名が含まれています。 詳細については、 スケジュールされたコールバックビューをご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

拡張された人員管理監査ログの詳細

コンタクトセンターのマネージャーとスーパーバイザーは、既存のGenesys Cloud監査サービスを使用して、追加の人員管理エンティティに関する詳細を確認できるようになりました。 これらのエンティティには、ビジネスユニット、管理ユニット、サービス目標テンプレート、計画グループ、アクティビティコード、アクティビティコードのマッピング、および作業計画のローテーションが含まれます。 監査ログビューアには、変更を加えたユーザー、実行されたアクション、および変更が発生した日付が表示されます。 詳細については、監査ログビューアで人員管理の詳細を表示するを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

スケジュールまたは予測の作成日時を表示する

管理者とスーパーバイザーは、スケジュールリストまたは予測リストでスケジュールまたは予測の作成日時を表示できるようになりました。 この機能拡張により、管理者またはスーパーバイザーが問題を調査するときに追加情報が提供されます。 詳細については、人員管理スケジュールを処理する予測を処理するを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys CloudUser3またはGenesysCloudUser2WEMアップグレードI。

心に強く訴える引用符の置き換え

エージェントがキューで待機しているときに表示される感動的な引用は、画像とメッセージに置き換えられ、ユーザーがキューにいて着信インタラクションの受信を待機していることをより適切に通知できるようになりました。 詳細については、オンキューとオフキューを参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys CloudUser1デジタルアップグレードII。

統合

AmazonEventBridge統合の組織あたりの最大インスタンス数

管理者は、組織内で最大10個のAmazonEventBridge統合インスタンスを設定できるようになりました。 詳細については、以下を参照してください。 Amazon EventBridge統合の構成. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

廃止のお知らせ

エージェントインタラクションUI削除の水平スクリプトパネル

2022年3月9日、GenesysはエージェントインタラクションUIの水平スクリプトパネルを削除しました。 その結果、以前は水平パネルに表示されていたスクリプトが、エージェントインタラクションUIの右側の垂直パネルに表示されるようになりました。 詳細については、次をご覧ください廃止予定: 水平スクリプトパネルの削除。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys Cloud User 1 DigitalII。

人員管理の遵守許可の変更

以前に発表されたように、Genesysは遵守通知の許可要件を変更しています。 変更が発生すると、Genesys Cloudは、新しい権限、Workforce Management> Adherence> Notifyを、Workforce Management> AgentSchedule>View権限を含むすべてのロールに自動的に追加します。 エージェントの役割には、遵守通知を受信および表示するための新しい権限が含まれている必要があります。 エージェントが関連する作業領域に対して適切な権限を持っていることを確認するには、管理者は、エージェントの役割が2022年4月6日までに更新されていることを確認する必要があります。 詳細については、人員管理順守通知の権限の変更を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。