2021年9月1日

Collaborate

NSオンテント管理ファイル共有URLの変更

Genesys Cloudは、コンテンツ管理ファイル共有リンクのURLをから変更しました apps.mypurecloud.comからcontentmanagement.mypurecloud.comへ。 新しいURLは、次の場合に利用できます。 ビジネスユーザーは、ファイルを他のユーザーと共有することを選択します。 ユーザーは、古いURLを使用する既存の共有ファイルに引き続きアクセスできます。 詳細については、 ファイルを共有する。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Communicate

BYOCクラウドトランクのTLSに対するSRVレコードのサポート

Genesys Cloudは、BYOCクラウドトランクのTLSのSRVレコードをサポートするようになりました。 インバウンドSIPINVITES形式としてFQDN(完全修飾ドメイン名)を使用してBYOCクラウドトランクのインバウンドSIPルーティングを構成する実装では、この機能を利用できます。 詳細については、 TLSトランク転送プロトコルの仕様。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

キャンセルされたインタラクションにGoogle Dialog flowボットイベントを割り当てる

管理者は、発信者がプロンプトに応答しない場合にフォローアップするGoogle Dialogflowボットのイベントを割り当てることができます。 これ機能 、ボットの動作が改善され、呼び出し元のエクスペリエンスがカスタマイズされます。 詳細については、を参照してください。 発信者がキャンセルと言ったときのGoogleDialogflowインテントの動作を構成するこの機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

フランスのフランス語、カナダのフランス語、イタリア語、ドイツ語、ブラジルのポルトガル語のプログラム、トピック、フレーズのサポート

フランス フランス語 (fr-FR)、カナダ フランス語 (fr-CA)、イタリア語 (it-IT)、ブラジル ポルトガル語 (pt-BR) の音声転写サポートが利用可能になりました。 詳細については、以下を参照してください。Genesys Cloud対応言語. この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.

メール返信の機能強化

エージェントは、電子メールのやり取りですべてに返信するか、元の送信者に返信できるようになりました。 以前は、エージェントの電子メール応答はすべての受信者に送信されていました。これで、エージェントは送信者にのみ返信することを選択できます。 詳細については、を参照してください。 電子メールメッセージの相互作用に返信する。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

プラットフォーム

ケープタウンアフリカ衛星地域での展開

Genesysは 2021年10月20日のGenesysCloud展開へのケープタウンアフリカ(af-south-1)衛星地域。 新しい衛星リージョンの展開により、af-south-1リージョンでIPアドレスを持つTURNサーバーをホストすることにより、アフリカにある組織のWebRTCメディア通信が改善されます。 Force TURN機能を使用するアフリカにお住まいのお客様は、新しいIPアドレスがアクティブになる2021年10月20日までに、新しいIPアドレスへのアクセスを許可するようにファイアウォールを構成する必要があります。 詳細については、のアフリカのセクションを参照してください。 ForceTURN機能を使用する。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

アクセス区分内のスケジュール、スケジュールグループ、およびコールルーティングオブジェクトを割り当てます

アクセス制御機能には、スケジュール、スケジュールグループ、およびコールルーティングオブジェクトを部門割り当てに分類する機能が含まれるようになりました。 部門を使用すると、管理者は一連のオブジェクトに対してより詳細な権限を適用できるため、特定のオブジェクトを表示、編集、作成、および削除するためのアクセス権をより細かく制御できます。 詳細については、を参照してください。 アクセス制御について アクセス制御構成オブジェクト この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。 

標準化されたクライアントSDKのログと構成

Genesysは、RubyとIOSを除くすべてのクライアントSDKライブラリを更新して、構成ファイルを使用してSDKのログと構成を標準化しました。 この取り組みは、すべてのGenesys CloudSDKに標準化された機能セットを提供するための最初のステップです。 詳細については、を参照してください。 Genesys CloudSDKの構成とロギング 開発者センターで。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

廃止のお知らせ

サポートされているトピックスポッティング方言のAPIエンドポイントの変更

2021年12月8日、Genesysは、サポートされているトピックスポッティング方言リストの取得に使用されるエンドポイントを置き換えます。 詳細については、を参照してください。 サポートされているトピックスポッティング方言のAPIエンドポイントの変更。 この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.