2021年6月16日

Communicate

VDI環境用のWebRTCMedia Helper

新しいWebRTCMedia Helperを使用すると、テレフォニー管理者は、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)環境でGenesysCloudを使用してWebRTC電話を使用できます。 WebRTC Media Helperは、WebRTCリアルタイムメディアフローをVDIセッションの外部で独立して実行できるようにするブラウザーベースのアプリケーションであり、最適なオーディオ品質エクスペリエンスを提供します。 詳細については、を参照してください。 WebRTC MediaHelperについてこの機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

アーキテクト共通モジュールフローの紹介

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、新しいArchitect共通モジュールフロータイプを使用してロジックを一度構築し、それを複数のフローとフロータイプで再利用できます。 フロー設計プロセスに共通のモジュールフローを組み込むことで、複数のフローでフローロジックを複製する必要性が減り、開発時間と労力が減ります。 詳細については、を参照してください。 一般的なモジュールフローを操作する。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

キューメンバーシップをアクティブ化および非アクティブ化する権限

新しい[ルーティング]> [QueueMember]> [管理]権限により、管理者とコンタクトセンターのスーパーバイザーは、さまざまなパフォーマンスビューからオンキューエージェントをアクティブ化および非アクティブ化できます。 この権限により、他のキューレベル設定を変更する権限がなくても、管理画面からのキューメンバーシップ管理が可能になります。 新しい機能のみを有効にするには、管理者はこの権限をユーザーに付与し、他のすべてのルーティング>キュー権限を削除する必要があります。 詳細については、以下を参照してください。 キュー内のエージェントのアクティブ化と非アクティブ化. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

スクリプト設計者向けの新しいカスタムアクションと使いやすさの向上

スクリプト設計者は、新しいカスタムアクションといくつかの使いやすさの向上を利用できるようになりました。 新機能には、カスタムアクションを切り取り、貼り付け、編集する機能が含まれます。アクションをカスタムアクションに変換します。セクションを折りたたむ。 詳細については、 カスタムアクションをテストする. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

コールバックAPIでの発信者IDと発信者名の指定

開発者は、API呼び出しを使用してコールバックを作成するときに、発信者IDと発信者名を指定できるようになりました。 Genesys Cloudは、エージェントがコールバック電話をかけるときに、発信者IDと発信者名をANIとして使用します。 詳細については、/ api / v2 / conversations / callbackを参照してください。 および/ api / v2 / conversations / {conversationId} / participants / {participantId} /コールバック 会話 開発者センターで。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

独自のテクノロジー請求レートをお請求

Genesys Cloudは、新規および更新された契約のBYOTレートとメーターを変更しました。 詳細については、 独自のテクノロジーサービスモデルを導入する。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

廃止のお知らせ

FacebookMessengerのHUMAN_AGENTメッセージタグの廃止

2021年7月2日から8月2日まで、FacebookはFacebook MessengerHUMAN_AGENTメッセージタグをアーリーアダプターのFacebookアプリから削除します。 Genesys Cloudは、Facebook Messengerと統合されたこの機能を、しばらくの間アーリーアダプターとして使用してきました。 HUMAN_AGENTメッセージタグを使用すると、エージェントはメッセージを受信してから24時間以上経過してもメッセージに応答できます。 組織のFacebookMessenger統合で2021年4月19日より前のGenesys所有のFacebookアプリを使用している場合、または顧客所有のFacebookアプリを使用している場合は、エージェントが引き続きメッセージに応答できるように、2021年7月2日までにアクションを実行する必要があります。それらを受け取ってから24時間以上。 詳細については、を参照してください。 FacebookMessengerのHUMAN_Agentメッセージタグの廃止。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade 2、 又は Genesys Cloudユーザー2のデジタルアップグレード1

予測エンゲージメント結果の制限の変更 

2021年6月14日、予測エンゲージメントの結果制限の変更が有効になりました。 詳細については、を参照してください。 結果の制限の変更。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade 1、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade 2、またはGenesys Cloud 2 Digital Upgrade 1。 

トピックおよびプログラム監査イベント名の変更

開始 、Genesysはトピックおよびプログラムの変更のために、トピック定義サービス名ではなく、音声およびテキスト分析サービス名を使用して監査イベントをログに記録します。 詳細については、を参照してください。 トピックとプログラムの監査イベントの名前の変更。 この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.