2021年06月16日

Communicate

VDI 環境向け WebRTC メディア ヘルパー

新しいWebRTC Media Helperにより、テレフォニー管理者は、仮想デスクトップ・インフラストラクチャー(VDI)環境でGenesys CloudとWebRTC電話を使用できます。WebRTC Media Helper はブラウザーベースのアプリケーションです。WebRTC リアルタイム メディア フローを VDI セッション外で独立して実行し、最適な音声品質エクスペリエンスを提供します。 詳細については、WebRTC メディア ヘルパーについてを参照してください。この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

Architect の共通モジュール フローの概要

管理者とコンタクトセンター・マネージャーは、新しい Architect 共通モジュール フロー タイプを使用してロジックを一度構築し、複数のフローとフロー タイプで再利用することができます。フロー設計プロセスに共通モジュールを組み込むことにより、フローロジックを複数のフローで複製する必要が減り、開発時間と労力が減ります。詳細は、「共通モジュール フローでの作業」を参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

キュー メンバーシップのアクティブ化と非アクティブ化の権限

新しいルーティング > QueueMember > 管理権限により、管理者とコンタクトセンターのスーパーバイザーは、さまざまなパフォーマンスビューからキュー上のエージェントをアクティブ/非アクティブにできます。この権限では、他のキューレベルの設定を変更する権限のない管理画面からのキュー メンバーシップ管理も許可されます。新機能のみを有効にするには、管理者はこの権限をユーザーに付与し、他のすべてのルーティング > キュー権限を削除する必要があります。詳細については、以下を参照してください。 キュー内のエージェントのアクティブ化と非アクティブ化. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

スクリプト デザイナー向けの新しいカスタム アクションとユーザビリティの向上

スクリプト デザイナーは、新しいカスタム アクションと複数のユーザビリティ向上を活用できます。新機能には、カスタム アクションの切り取り、貼り付け、編集、アクションのカスタム アクションへの変換、セクションを折りたたむ機能があります。詳細については、 利用可能なスクリプトアクションをご覧ください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 2 または Genesys Cloud User 3.

コールバック API の発信者 ID と発信者名の指定

開発者は API コールを使用してコールバックを作成する際に、発信者 ID と発信者名を指定できるようになりました。Genesys Cloud は、エージェントがコールバックの電話をかけたときに、発信者 ID と発信者名を ANI として使用します。詳細については、Developer Center の Conversations の /api/v2/conversations/callbackand/api/v2/conversations/{conversationId}/participants/{participantId}/callbacks を参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 2 または Genesys Cloud User 3

BYOT(Bring Your Own Technology)請求の変更

ジェネシス Cloudは、新規契約および更新契約のBYOTレートとメーターを変更しました。詳細については、 独自のテクノロジーサービスモデルを導入する。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

廃止予定

Facebook Messenger HUMAN_AGENT メッセージ タグの廃止

MM月dd日 から までの間2021年08月02日、Facebook は Facebook Messenger HUMAN_AGENT メッセージ タグを早期導入者の Facebook アプリから削除します。Genesys Cloud は、Facebook Messenger の統合により、この機能を初期導入者としてしばらくの間使用してきました。HUMAN_AGENT メッセージ タグにより、エージェントはメッセージを受信後 24 時間以上経過後に応答することができます。組織のFacebook Messenger連携が、より古いジェネシス所有のFacebookアプリを使用している場合2021年04月19日、または顧客所有のFacebookアプリを使用している場合、エージェントが受信後24時間を超えてメッセージに応答し続ける2021年07月02日ことができるようにする前にアクションを取る必要があります。詳細については、Facebook Messenger HUMAN_Agent メッセージ タグの廃止を参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade II、または Genesys Cloud User 2 Digital Upgrade I。

予測エンゲージメントのアウトカム制限の変更 

年2021年06月14日、プレディクティブエンゲージメントのアウトカム制限変更が発効しました。詳細については、アウトカム制限の変更を参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade I、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade II、または Genesys Cloud 2 Digital Upgrade I。

トピックおよびプログラム監査イベント名の変更

から2021年06月16日、トピックの定義サービス名ではなく、音声およびテキスト分析サービス名を使用してトピックとプログラムの変更の監査イベントをログできるようになりました。詳細については、トピックとプログラム監査イベント名の変更を参照してください。 Genesys Cloud ユーザー 3.