Genesys Cloud Embeddable Frameworkのリリースノート

この記事では、Genesys Cloud Embeddable Frameworkのすべてのリリースについて説明します。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud Embeddable Frameworkについて.

まもなくリリース

これらの機能は私たちのドキュメントで説明されていますがまだ一般に利用可能ではありません。

  • 代理店依頼後作業

  • 自動応答が可能なデジタルインタラクション

2022年8月10日

2022年4月27日

  • インタラクションの参加者タイプに関するインタラクション属性

    管理者は、インタラクション属性 Interaction.ParticipantPurpose を使用して、インタラクションの参加者タイプを定義できるようになりました。相互作用属性 (Genesys Cloud Developer Center)。

  • グループボイスメール、コールバックオプション

    エージェントは個人のボイスメールからグループのボイスメールを識別し、ボイスメールオプションから元の発信者にコールバックするオプションを持つことができます。 個人およびグループのボイスメールにアクセスする.

2022年3月15日

2021年12月15日

2021年8月11日

2021年4月14日

2021年2月10日

2020年12月16日

  • ホールドタイマー

    開発者はインタラクションの詳細でインタラクション属性 Interaction.HoldTime を使用して、現在のホールド期間を表示できるようになりました。 相互作用属性 (Genesys Cloud Developer Center)。

2020年12月9日

  • アラート処理のボリューム制御

    エージェントは、呼び出しまたはコールバックのインタラクションに接続したときにアラートを発するインタラクションのリンガーボリュームを制御できるようになりました。 通知を設定する。

2020年10月21日

2020年9月23日

2020年8月19日

2020年7月15日

  • ステータスタイマー

    A ステータスタイマー今トラックどのくらいのA ユーザー特定されてきたステータスまたは上のキュー: ステータスタイマー.

2020年7月8日

  • プログラムによるやり取りの転送

    統合により、Interaction.updateStateアクションを使用して転送インタラクションをブラインド、コンサルト、および締結する機能が公開されます。 インタラクション.updateState (Genesys Cloud Developer Center)。

  • a コールバック コールバックインタラクションの拡張のスケジューリング

    エージェントできるようになりまし切断コールバックの相互作用の後、彼らスケジュールのフォローアップコールバック 。 以前は、エージェントは電話をかけるまでコールコールバック相互作用を切断できませんでした。 a コールバックインタラクションにコールバックする.

2020年6月3日

  • 開始時間、終了時間、接続時間の相互作用属性

    開発者は今の相互作用に使用できる属性最初の参加者が会話に参加したことを示すために、一般的な相互作用のオブジェクトでのstartTimeを。 インタラクション属性endTimeおよびconnectedTimeの説明が更新されました。 要約された会話情報 (Genesysクラウド開発者センター)..

2020年5月13日

  • エージェントパフォーマンスの統計コールバック相互作用

    コールバックインタラクション用のエージェントパフォーマンス統計を追加しました。 エージェントパフォーマンス統計を表示する。

  • すべてのキューチャット、Eメール、およびメッセージのスクリプトサポート

    スクリプトは、キューとの間のすべてのチャット、Eメール、またはメッセージのやり取りで使用できるようになりました。 スクリプト。

2020年4月29日

  • 南北アメリカ(カナダ)、アジア太平洋(ソウル)、およびEMEA(ロンドン)リージョン

    開発者は、Genesys Cloud環境としてカナダ、ソウル、またはロンドンを選択できます。 クライアントID (Genesys Cloud Developer Center)。

2020年2月12日

2020年1月29日

  • エージェントスケジュールビュー

    エージェントはクライアントでスケジュール表示できます。 スケジュール見る.

  • 設定可能な通話コントロール

    開発者は、クライアントに表示されるコール制御要素とその順序を構成できるようになりました。 設定 (Genesys Cloud Developer Center)。

  • Safariサポートの削除

    Safariのサポートを削除しました。

2020年1月22日

  • Interaction.Chat.getTranscript形式の変更

    Interaction.Chat.getTranscriptオブジェクトの形式で、コールバック関数が使用されるようになりました。 詳細については、 お知らせ 開発者フォーラムと トランスクリプトを取得 (Genesys Cloud Developer Center)。

2020年1月15日

2020年1月8日

  • callbackCallEnded相互作用イベント通知

    開発者は、コールコールバックインタラクションの呼び出しが終了したときに通知されるインタラクションイベントにサブスクライブできます。 加入者) (Genesys Cloud Developer Center)。

2019年12月18日

  • OAuthスコープ

    管理者は、Genesys Cloud Embedded Client のプライベートおよびパブリック バージョンについて OAuth クライアントのスコープを有効にして、Genesys Cloud 組織データへのアプリケーション アクセスを制限できます。 Genesys Cloud組織アカウントへの完全なアクセスを許可する代わりに、管理者はGenesys Cloudに組み込まれたアプリケーションへのアクセス範囲を定義できます。 Genesys Cloud組み込みクライアントの管理者要件 および OAuth クライアントの作成.

  • 交易要求のシフト

    エージェントと管理者は、クライアントのシフトトレードリクエストの通知を表示できます。 アクセススケジュール通知

2019年12月18日

2019年11月13日

2019年10月30日

  • WhatsAppインタラクションサポート

    統合により、着信WhatsAppインタラクションがルーティングされるようになりました。 メッセージについて。

2019年10月23日

2019年10月9日

  • 外部連絡先の検索構成

    開発者は、エージェントがインタラクションの転送やコールの前に検索するとき、統合がGenesys Cloud組織から外部連絡先を返すかどうかを制御できるようになりました。 検索ターゲット (Genesys Cloud Developer Center)。

  • 個人用ボイスメール受信ボックス

    ユーザーは、新しい個人用ボイスメールを受信したかどうかをすばやく確認し、クライアントからボイスメールに簡単にアクセスできます。 個人用ボイスメールにアクセスする.

  • アクセストークンの有効期限

    クライアントは、アクセス トークン (セッション) の有効期限が切れる 30 分前にログインユーザーに警告を表示します(ユーザー ログイン中 より 30 分前でない限り、次の場合があります。 クライアントにログインします。

2019年9月25日

2019年9月18日

2019年8月21日

  • 個々のカテゴリのサブスクリプション

    開発者は、通知の個々のカテゴリにサブスクライブできるようになりました。 加入者) (Genesys Cloud Developer Center)。

  • Genesys Cloud Embeddable Frameworkのプライベート展開

    パブリック展開と同じ機能を含むが、Genesys Cloud組織でプライベート利用のために統合を作成および展開できる: 展開オプション.

2019年6月19日

2018年3月7日

  • パブリック展開のためのGenesys Cloud Embeddable Frameworkの初期リリース。 概要、開発と展開の手順、および公開されている方法とアクションが含まれています。