シリーズ: Salesforce にコールセンターを設置

クライアントイベントを構成する

 メモ:   この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

[クライアントイベント設定]セクションでは、クライアントイベントメッセージを構成し、カスタムインタラクション属性を追加できます。 [クライアントイベントメッセージ]セクションでは、Lightning ExperienceでInteraction、Notification、またはUserActionイベントを発生させ、チャット通知ペイロードにメッセージコンテンツを含めるように統合を構成できます。 [カスタムインタラクション属性]セクションで、カスタムインタラクション属性を追加して、インタラクション中に使用できるデータにアクセスできます。 

  1. クリック セットアップ
  2. 検索する インストール済みパッケージ
  3. 下 ビルドクリック インストール済みパッケージ.
  4. インストール済みパッケージ ページをクリックし、設定 [Genesys Cloud for Salesforce]パッケージの隣に表示されます。
  5. クライアントイベント設定、 構成、設定 クライアントイベントメッセージカスタムインタラクション属性
  6. の中に クライアントイベントメッセージ セクションで、通信に使用するメッセージタイプ、リッスンするイベントタイプ、およびチャット通知にメッセージコンテンツを含めるかどうかを統合に指示します。
    1. にとって クライアントイベントメッセージタイプ、LightningExperienceでイベントを公開またはリッスンするために統合で使用するメッセージタイプを選択します。  

      この設定により、クライアントがロードされるたび(postMessage API)、またはLightningアプリケーションがチャネルにサブスクライブした後に(LMS)、イベントが発生します。

      重要。   Genesysでは、Lightning Experienceの新しい開発では、postMessage APIではなく、Lightning Message Service(LMS)を使用することをお勧めします。 SalesforceはLMSをSummer ’20にリリースする予定です。 Genesysは、postMessage Web APIの使用を最終的に廃止します。

      詳細については、 Salesforceのイベント。 

       メモ:   選択した場合 postMessage API ために クライアントイベントメッセージタイプ コールセンターの設定では、エージェントはクライアントをクライアントブラウザーからブラウザーできません。 詳細については、 クライアントにアクセスする

    2. にとって クライアントイベントタイプ、でイベントタイプを選択します 利用可能 統合でイベントを公開する必要があること。 クリック 矢印  下に追加するには 選択. 
    3. 選択する チャット通知を展開 (チャット通知イベント用)。

      この設定により、統合はチャット通知ペイロードをメッセージコンテンツで修正します。

      重要。   この設定は、構成するまで使用できません クライアントイベントタイプ 通知イベントを公開します。

      Salesforce Einsteinでこの設定を使用すると、エンドユーザーからのACDチャットメッセージに基づいてSalesforceナレッジ記事を返すことができます。 詳細については、以下を参照してください。 PureCloud for Salesforce Einsteinの例 (GitHub)。

  7.  の中に カスタムインタラクション属性 セクションで、カスタムインタラクション属性を追加します。

    この設定により、対話中にデータにアクセスして使用することができます。 たとえば、属性を追加した後、アーキテクトフローまたはスクリプトで属性を使用して、特定のトピックに関するナレッジ記事をエージェントに表示したり、エージェントが顧客に言及する契約取引に関するポップ情報をスクリーニングしたりできます。 詳細については、を参照してください。 Salesforceのイベント建築家について、 と スクリプトについて

    1. 属性名を追加します。

      カスタム属性またはインタラクション属性をSalesforceアクティビティフィールドにマップするために使用されるデフォルト属性を使用できます。その一部は、汎用インタラクションにすでに存在している場合があります。

      次の表に、使用できるカスタム属性を示します。 サポートされている属性の詳細と一覧については、を参照してください。 インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる。

      インタラクション属性 インタラクションのタイプ データ・タイプ    説明
      参加者。{ColumnName} 発信ダイヤル 文字列  キャンペーン管理連絡先リストの列名。 見る 連絡先リストビュー
      参加者。{CustomFieldName} 電話、コールバック、Eメール、メッセージ、ACDボイスメール 文字列  Architectフローの参加者データの設定を使用して割り当てられるカスタム項目名  参加者データを設定するをご覧ください。
      チャット  文字列  チャットウィジェットで使用されるカスタムフィールド名。
    2. [追加] をクリックします。 
    3. カスタムインタラクション属性を削除するには、属性を選択して[ 消去
  8. 保存するをクリックします。

コールセンターの設定に必要なすべての手順については、を参照してください。 コールセンターを設置する。

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.