シリーズ: Salesforce にコールセンターを設置

国番号を設定する

 メモ:   この記事は、Salesforce向けGenesys Cloudに適用されます。

[国コードの設定]セクションでは、画面ポップの国コードと送信SMSメッセージのデフォルトの国コードを設定できます。

  1. クリック セットアップ
  2. 検索する インストール済みパッケージ
  3. 下 ビルドクリック インストール済みパッケージ.
  4. インストール済みパッケージ ページをクリックし、 設定 [Genesys Cloud for Salesforce]パッケージの隣に表示されます。
  5. コール センターの選択の下でコール センターの定義のバージョンを選択します。
  6. 下 国コード設定、スクリーンポップの国番号とデフォルトの発信SMSの国番号を設定します。

Salesforce用Genesys Cloudのコールセンター設定

Salesforceインテグレーション用のGenesys Cloudは、Salesforceで電話番号を検索し、これらの電話番号に基づいてレコードをポップアップ表示します。 統合は、Salesforce で番号を検索する前に、デフォルトで米国の国コード プリフィックス 「+1」をすべてのインバウンド電話番号から削除します。 なお、米国の国コードを保持したり、他の国コードを削除できるように統合を設定できます。

初めてコールセンターを設定するときは、Salesforceを検索してスクリーンポップを実行する前に、統合によって着信電話番号から削除される国コードを選択します。

デフォルトでは、米国の国番号が表示されます。統合により、着信電話番号から+1が検索されて削除されます。 

  1. 統合で+1を検索して削除したくない場合は、次のいずれかを実行します。
    • 米国の国コードを削除します。
      1. クリック 削除 .
      2.  保存するをクリックします。
    • 米国フラグの横にある矢印から別の国コードを選択します。 次のうちいずれか一つを行います。
      • 国名を入力します。
      • リストをスクロールします。
    ヒント:   最長の国コードから始めて長い順に国コードを追加します。 この順序により、統合が国コード設定内のすべてのプリフィックスを見つけて削除できるようになります。
  2. 国番号を追加するには、次の手順に従います。
    1.    [追加] をクリックします。
    2. フラグ メニューから国を選択します。 次のうちいずれか一つを行います。
      • 国名を入力します。
      • リストをスクロールします。
    3. 追加する国番号ごとに繰り返します。
  3. 設定する デフォルトの発信SMS国コード またはクリック 保存する

初めてコールセンターを設定するときは、発信SMSメッセージのデフォルトの国番号を選択してください。

デフォルトの国番号を設定しないと、統合はデフォルトでその言語に関連付けられた国番号になります。

メモ: 
  • エージェントは自分のやりとりのために国コードをオーバーライドできます。 この選択は持続します。
  • エージェントが国際電話番号を入力したとき ボックス、国コードが自動的に正しい国コードに変わります。

  1. メニューからデフォルトの国番号を選択します。 
  2.  保存するをクリックします。

コールセンターの設定に必要なすべての手順については、を参照してください。 コールセンターを設置する

統合の詳細については、以下を参照してください。Salesforce向けGenesys Cloudについて.