インタラクション属性をSalesforceアクティビティフィールドにマッピングします。


注意:この記事は、PureCloud for Salesforceに適用されます。

初めてコールセンターを設定するか、新しいバージョンの管理パッケージにアップグレードしたら、新しくサポートされたインタラクション属性をSalesforceアクティビティフィールドにマップします。これらのアクティビティ項目は文字列項目でなければなりません。ただし、Salesforce機能を使用して文字列フィールドの値を異なるデータ型のフィールドにコピーする場合は、データフィールドまたは数値フィールドを使用できます。詳細については、 ワークフロー そして Lightningプロセスビルダー Salesforceドキュメントにあります。

メモ
  • Lightning Experience では、PureCloud for Salesforce がインタラクション属性を Salesforce ユーザーがアクセスできないフィールドに保存することは許可されていません。例えば、キュー名をカスタム フィールドに保存するように PureCloud for Salesforce を設定しても、カスタム フィールドはエージェントに対しては表示されません。その結果、Salesforce ではキュー名はレポートのカスタム フィールドには保存されません。 
  • インタラクション属性はマッピングできますが 後に ユーザーをコールセンターに割り当てるには、まずここで説明しているインタラクションのマッピング、次にユーザーの割り当ての順に従います。このシーケンスにより、ユーザーはマップされていないインタラクションを受け取らないようになります。

  1. クリック セットアップ
  2. 検索する インストール済みパッケージ
  3. 下 構築する、クリック インストール済みパッケージ
  4. インストール済みパッケージ ページ、クリック 設定する Salesforceパッケージの場合は、PureCloudの横にあります。
  5. コールセンターを選択、コールセンター定義のバージョンを選択します。
  6. 活動項目マッピングクリック 追加する
  7. インタラクション属性を入力します。

    サポートされている属性の詳細と一覧については、を参照してください。 インタラクション属性をSalesforceアクティビティレコードと同期させる

  8. クリック 保存する

コールセンターの設定に必要なすべての手順については、を参照してください。 コールセンターを設置する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 SalesforceのPureCloudについて