2021年10月6日

Contact Center

通話とメッセージフローのためのGoogle Cloud Dialog flow CX統合の紹介

Google Dialogflow音声統合は、 Genesys AppFoundryから利用できるようになりました。 管理者とコンタクトセンターマネージャーは、Google Dialogflow統合でこのアクションを使用できます。GoogleDialogflow統合は、Dialogflowボット構成に従って対話を処理します。 次に、ボットはインテントとスロットを含む呼び出しをArchitectに返し、さらに処理します。 詳細については、を参照してください。 Google Cloud DialogflowCX統合について Google Cloud DialogflowCXクイックスタートガイド、 と DialogflowCXボットアクションを呼び出す。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

Genesys DialogEngineボットフローのグローバルスロット拡張

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、任意のインテントから任意のスロットにアクセスできるようになりました。 スロットは特定のインテントに関連付けられなくなったため、複数のインテントからアクセスできます。 この機能強化により、効率が向上し、ボットフローを構築するための労力が軽減されます。 さらに、同じ名前を共有する既存のスロットがマージされ、一意で参照しやすくなります。 詳細については、以下を参照してください。 スロットおよびスロットタイプ. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

キューでフィルタリング マイキューアクティビティビュー

エージェントは、[マイキューアクティビティ]ビューでキューでフィルタリングできるようになりました。 複数のキューに属するエージェントは、それらのキューをフィルタリングし、表示する特定のキューを選択できるようになりました。 詳細については、 マイキューアクティビティビュー。  この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

スペイン語地域の音声文字変換の精度が向上

Genesys Cloudは、スペイン(es-ES)、米国およびラテンアメリカ(es-US)を含む、ほとんどのスペイン語地域の音声文字変換の精度を向上させました。 詳細については、以下を参照してください。Genesys Cloud対応言語. この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.

メッセージングファイルのURL変更

Genesys Cloudは、メッセージングインタラクション中に送信されたファイルのURLをapi.mypurecloud.comからapi-downloads.mypurecloud.comに変更しました。 システムは、新しいメッセージングファイルを送信するために新しいURLを使用します。 ユーザーは、古いURLを使用する既存の共有ファイルに引き続きアクセスできます。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade 2、 又は Genesys Cloudユーザー2のデジタルアップグレード1

プラットフォーム

アクセス区分メンバーシップに基づくコントロールエージェント転送能力

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、権限を使用して、エージェントがインタラクションを転送する前に個人またはキューを検索できるかどうかを判断できるようになりました。 この機能拡張により、管理者は、メンバーシップ外のキュー間で対話を転送するエージェントの機能を制御できます。 この機能を実装するには、既存の顧客は、会話>コミュニケーション>ターゲット権限を任意のユーザーロールに追加する必要があります。 詳細については、を参照してください。 部門のメンバーシップに基づいて個人へのアクセスを管理する アクセス制御について。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。