2017年05月10日


コンタクトセンター

チャットインタラクションとの共同閲覧

エージェントは、チャットインタラクション中にWebページの顧客のビューを閲覧し、注釈とページコントロールを使用して顧客とコラボレーションできるようになりました。詳細については、 コブラウズについて そして 画面共有対共同ブラウズ機能 マトリックス

アウトバウンドキャンペーン詳細試行履歴レポート

スーパーバイザーは、すべての試行を含み、各試行の連絡先IDとコール分析結果をリストするアウトバウンドキャンペーン詳細レポートを作成できるようになりました。このレポートは、 Dialerコール履歴レポートに代わるものです。詳細については、 アウトバウンドキャンペーン:詳細な試行履歴レポート

Architectにおける中国語とオランダ語のサポート

Architectシステムオーディオファイルのサポートが簡体字中国語で利用可能になりました (zh-CN)、およびオランダ語 (nl-NL) 「推定待機時間の再生」および「キュー内の再生位置」アクションおよび「入力の収集」検証用。 詳細については、 推定待機時間アクションを再生する、 キュー内の位置を再生アクション、そして 入力データの収集データ アクション

ArchitectでEメールフローのデータアクションを呼び出す 

フロー作成者は、電子メールフローでデータ呼び出しアクションを使用して、 Salesforceデータアクション統合から顧客に関する追加情報を取得できます。電子メールフローはこのデータを活用して、電子メールインタラクションを適切なエージェントまたはキューに効率的にルーティングできます。詳細については、 データ呼び出しアクションについて

統合

Salesforceデータアクション

新しいSalesforceデータアクション統合はとして実行PureCloudサービスと提供していデフォルト管理者は、データに基づいて行動するために使用できるアクションSalesforce 。この統合は、 PureCloudサーバーで実行されていた以前のSalesforceデータディップ統合をPureCloudます。 詳細については、 Salesforceデータアクションの統合について