2019年2月6日

プラットフォーム

シングルサインオンのみで認証する

管理者は、デフォルトのGenesys Cloudログインを無効にし、Genesys Cloudを構成して、ユーザーが選択したものを使用してログインする必要があるようになりました。 シングルサインオン(SSO)IDプロバイダー。 この機能により、管理者はユーザー認証をより細かく制御でき、不正アクセスを防ぐことができます。 詳細については、以下を参照してください。SSOのみで認証するようにGenesys Cloudを設定する.

デベロッパーセンターの使いやすさの向上

デベロッパーセンターには新しい外観、改善された編成およびレイアウト、および簡素化されたナビゲーション。 機能強化により、顧客とパートナーはより集中的で直感的な経験を得ることができます。 詳細については、 開発者フォーラムのお知らせ。

Communicate

Genesys Cloudオーディオ管理の改善

Genesys Cloudユーザーは、オーディオ設定プロファイルを作成し、オーディオデバイスの音量レベルを調整できるようになりました。 オーディオプロファイルはデバイス設定を保存するので、ユーザーは使用するたびにオーディオデバイスを設定する必要がありません。 新しいデバイスボリューム機能により、ユーザーはシステムボリュームに頼ることなく、個別のデバイス用にボリュームをテストおよび設定できます。 詳細については、以下を参照してください。新しいオーディオプロファイルを作成するおよびGenesys Cloudサウンドレベル設定の設定.

一般的に使用されるヘッドセットでの基本的な通話制御のサポート

Genesys Cloud WebRTCは、Plantronics、Jabra、およびSennheiserヘッドセットの内蔵通話コントロールをサポートするようになりました。 この機能は、通話量が多いときに、これらのヘッドセットを使用しているエージェントがより効率的に通話を処理するのに役立ちます。 詳細については、 Plantronicsヘッドセットを構成する、 Jabraヘッドセットを設定する、そして Sennheiserヘッドセットを設定する

Genesys Cloud Edge帯域幅計算機の機能拡張

Genesys Cloud Edge帯域幅計算機には、Genesys Cloudサービスのサポートに必要なネットワーク帯域幅をより正確に推定するための新しいユーザーインターフェイスと改善された計算機能があります。 その他の機能強化には、オンラインヘルプや結果を印刷する機能などがあります。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud Edge帯域幅計算機.

Contact Center

キューアクティビティビューの改善

キューアクティビティの概要ビューとマイキューアクティビティビューに、より多くのメトリック、集計データの表示、列のカスタマイズ機能、メディアタイプのフィルター、およびフィルターの保存機能が追加されました。 詳細については、 キューアクティビティの概要ビュー そして キューアクティビティ詳細ビュー.