2022年2月2日

Contact Center

パフォーマンスビューとエクスポートでの限定的なPIIマスキング

管理者とコンタクトセンターの管理者は、選択したパフォーマンスビューとエクスポートでANIとDNISの電話番号データをマスクすることにより、エージェントが個人情報(PII)にさらされるのを制限できるようになりました。 マスキングを有効にしても、この情報の保存には影響しません。 これは、パフォーマンスダッシュボードを監視するスーパーバイザーなど、他のシナリオでもユーザーに表示される場合があります。 詳細については、を参照してください。 パフォーマンスビューとエクスポートでの限定的なPIIマスキング。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

アクセス区分間のエージェント管理へのアクセス

管理者は、管理するエージェントに関連付けられている部門を表示するための権限が必要になりました。 このエージェント管理には、キュー内のエージェントの追加、表示、検索、編集、または削除、およびACDスキルと言語の割り当てまたは削除が含まれます。 この制約により、データは部門ごとに適切に分離され、相互作用はビジネスユニット内またはビジネスユニット間で適切なエージェントにルーティングされ、情報は正確にセグメント化されて報告されます。 詳細については、を参照してください。 部門のメンバーシップに基づいて個人へのアクセスを管理する。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

キュー間で相互作用を手動で割り当てる

適切な権限を持つコンタクトセンターのスーパーバイザは、キューで待機しているインタラクションを他のキューのエージェントに手動で割り当てることができるようになりました。 以前は、スーパーバイザは同じキューの割り当てに制限されていました。 詳細については、以下を参照してください。待機中のインタラクションを手動で割り当てる. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

ポーランド語のプログラム、トピック、フレーズのサポート

プログラム、トピック、フレーズのサポートがポーランド語(pl-PL)で利用できるようになりました。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

廃止のお知らせ

サポートされているトピックスポッティング方言のAPIエンドポイントの変更

2021年12月8日、Genesysは、サポートされているトピックスポッティング方言リストの取得に使用されるエンドポイントを置き換えます。 詳細については、を参照してください。 サポートされているトピックスポッティング方言のAPIエンドポイントの変更。 この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.