2021年12月15日

Communicate

テレフォニー用語の変更

Genesys Cloudは、リソースセンターおよびその他の通信における3つのテレフォニー接続オプション(Genesys Cloud Voice、BYOC Cloud、およびBYOC Premises)をより明確にするために変更を加えています。 詳細については、を参照してください。 エッジ用語のリセットこの機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

Webメッセージでカスタム属性を送信する

開発者は、Webメッセージングの会話中にカスタム属性やその他の参加者データを設定できるようになりました。 Webメッセージとともに属性を送信し、会話全体で属性を更新します。 属性を使用して、ルーティングを改善したり、スクリプト内の関連情報を表示したりします。 詳細については、「カスタム属性の定義と送信」を参照してください。 開発者センターで。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade 1、Genesys Cloud 1 Digital Upgrade 2、またはGenesys Cloud 2 Digital Upgrade 1。

SMSおよびオープンメッセージング用のエージェントレス通知APIの機能強化

開発者は、エージェントレス通知APIを使用して、接続された会話中にSMSおよびオープンメッセージングのエージェントレス通知メッセージを送信できるようになりました。 たとえば、開発者は、システムがインバウンドメッセージングフローまたはインキューフローで会話を処理しているとき、または会話がボットまたはエージェントと対話しているときに、エージェントレス通知を使用してメッセージを送信できるようになりました。 詳細については、の/ api / v2 / projects / messages / agentlessを参照してください。 会話 開発者センターで。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade 2、 又は Genesys Cloudユーザー2のデジタルアップグレード1

EventBridge統合のためのアナリティクス詳細イベント

EventBridge統合のアナリティクス詳細イベントが利用可能になりました。 Genesys Cloudは、会話ライフサイクルの重要なポイントでこれらのイベントを発行します。 この機能は、開発者が会話の発生時に各会話の分析データ(会話を開始した各コミュニケーションセッションの開始日と終了日、会話の方向など)をストリーミングするための信頼できる方法を提供します。ポーリングは必要ありません。 フラット化されたオブジェクトモデルにより、顧客はイベントを独自のリレーショナルデータベーステーブルまたは選択したターゲットに簡単に格納できます。 詳細については、デベロッパーセンターで アナリティクス をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

フランス語、ドイツ語、イタリア語、ブラジル語の音声文字変換の精度が向上 ポルトガル語、およびインド英語地域

Genesys Cloudは、フランス語(fr-FR)、カナダフランス語(fr-CA)、ドイツ語(de-DE)、イタリア語(it-IT)、ブラジルポルトガル語(pt-BR)、およびインド英語(en-の)。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語. この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.

統合

GenesysCloudでのSalesforceオムニチャネルチャットルーティング

Genesys Cloud for Salesforce管理者は、Genesys CloudACDルーティングを使用してSalesforceオムニチャネルチャットをルーティングできるようになりました。 詳細については、を参照してください。 Salesforceリリースノート と Genesys Cloud forSalesforce外部ルーティングパッケージをインストールして構成します。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。 

プラットフォーム

コードとしてのCX

開発者はCXをコードとして使用できるようになりました 組織全体でGenesysCloudのリソースと構成を管理します。 CX as Codeは、Terraformベースのオープンソースインフラストラクチャであり、顧客はCI / CDパイプラインの一部として組織全体のコンタクトセンター構成を管理できます。 詳細については、 ウェブチャット 開発者センターで。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。